COIN TOKYO

¥1,087,747
BTC -0.14%
¥20,236
ETH -0.24%
¥28.72
XRP -0.31%
¥32,868
BCH -0.85%
  • 2019/02/08
  • 2019/02/08
  • コイン東京編集部

シャーディングを実装した最初の仮想通貨Zilliqa(ZIL)が、4つの高処理能力のブロックチェーンプロジェクトに注力

このエントリーをはてなブックマークに追加
Zilliqaのメインネットは1月31日16:00(GMT)にオンラインになりました。現在1か月間のブートストラップ段階に入ってます。安全期間中、マイナーは報酬を受け取れますが、コインはまだ使用できません。古いERC20トークンのZILメインネットトークンへの交換は、2019年6月まで仮想通貨取引所でサポートされます。

最初のシャーディングの実装

シンガポールを拠点とするこのプロジェクトは、最初はイーサリアムベースのテストネットとして、そして今では独自のブロックチェーンネットワークとして、18か月間かけて開発してきました。Zilliqa(ZIL)メインネットのローンチは、ブロックチェーンにおけるシャーディング技術の最初の実装とされています。

Zilliqaメインネットのコア機能の一つであるシャーディングは、通常の支払いとスマートコントラクトの両方のトランザクションの計算負荷を効果的に分割します。ノードは小規模なグループで合意を形成し、ネットワーク全体で処理されるよりもトランザクションを高速かつ安価にします。また、バグ耐性の独自のスマートコントラクト言語「Scilla」もシャーディングで使用できます。

ローンチ後の主なフォーカス

メインネットを立ち上げたZilliqaは、現実世界でZILブロックチェーン技術の大規模な実用性を証明するために、いくつかのプロジェクトを開発しています。

Project Proton:グローバルメディアエージェンシーMindshare(マインドシェア)社と協力して、Zilliqaチームは、スマートコントラクトベースの広告サプライチェーンを試行します。バリューチェーン全体のすべての利害関係者が高スループットのブロックチェーン上のスマートコントラクトを通じて、安全で検証可能な方法でコミュニケーションする方法を提供します。

Hgエクスチェンジ:東南アジアで最初の未公開株およびセキュリティトークンのデジタル資産取引所です。UberやGrabのような成長著しい新興企業へのアクセスの提供を目的としています。台湾を拠点とするデジタル資産取引所MaiCoinとの提携により進められています。Hgエクスチェンジは機関投資家および適格投資家のみがアクセス可能です。HgはPhillip Securities(フィリップ証券)、プライムパートナーズ、RHT Capital、Fundnelとの間で覚書を締結しました。これら4つの金融仲介業者は取引所の最初のメンバーになります。

BOLT:オープンエンターテイメントエコノミーを目指す、コンテンツリワードプラットフォームです。BOLTに関わるユーザーは貢献に応じて報酬BOLTトークンを得られます。BOLTはまた、2019年クリケットワールドカップと提携しています。

EMONT Frenzy:プレイヤーがお魚のトークンを集めて他のプレイヤーと戦う、分散型の水中ゲームです。EMONT Allianceとのこのコラボレーションにより、ブロックチェーンゲームの問題であるユーザビリティに対処することを目的としています。

メインネットの立ち上げにより、Zilliqaは新しい開発とプロトコルの追加を可能にします。特にイーサリアムのスケーラビリティに不満を抱く開発者にとって、有力な対抗馬となる可能性があります。

Zilliqa社CEOのXinshu Dong氏は、シャーディングの最初の実装が、ブロックチェーンをスケーラブルにするための重要なマイルストーンであると述べています;

「今日、現実世界の問題に対して革新的なブロックチェーン・ソリューションを可能にするという我々のビジョンへと飛躍しようとしています。Zilliqaは、メインストリームのブロックチェーンの採用における最大の課題の1つであるスケーラビリティに対処する、シャーディングの実装に成功した最初のパブリックブロックチェーンプラットフォームです。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る