COIN TOKYO

¥627,777
BTC +0.28%
¥19,499
ETH +0.04%
¥36.21
XRP -0.28%
¥33,411
BCH -0.22%
  • 2019/02/09
  • コイン東京編集部

三菱総合研究所と株式会社chaintopeがブロックチェーン技術を活用した基盤・サービス等の開発検討で合意

このエントリーをはてなブックマークに追加
8日、株式会社三菱総合研究所は、株式会社chaintopeと「ブロックチェーン技術を活用した基盤・サービス等」の開発検討に共同で取り組むことで同意したことを発表しました。

協業検討の経緯

chaintopeは2016年12月に設立され、ブロックチェーンのコアテクノロジー開発に強みを持ち、コンセンサスの概念実証やシステム開発等の案件受注の他、独自のプロトコルレイヤーソリューションの開発を進めています。

一方、三菱総合研究所では、これまでブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」の社会実験を始め、地域創生に資するイノベーションプラットフォームの確立に向け知取り組んできました。

昨今、ブロックチェーンテクノロジーは仮想通貨だけでなく、国際物流、モビリティサービス、電力取引、シェアリングエコノミー等様々な領域への展開が期待されており、その基盤技術自体も発展を続けています。

三菱総合研究所とchaintopeは、社会インフラとしてのブロックチェーン技術の定着と、そこに蓄積されたデータを活用したデータ駆動型社会の実現を目指す為、「ブロックチェーン技術をかつようした基盤・サービス等」の開発の検討に着手する。

今回の協業コンセプトに基づく具体的な技術基盤・サービス等の内容を2019年9月末までに固めたうえで、業務提携契約の締結を予定しているとのこと。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る