COIN TOKYO

¥1,054,660
BTC -1.03%
¥19,919
ETH -0.61%
¥28.28
XRP -0.65%
¥32,096
BCH -0.99%
  • 2019/02/12
  • 2019/02/12
  • コイン東京編集部

米Square社CEO「Cash AppへのLightning Network導入は『やるかどうか』ではなく『いつするか』の問題」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイッターとスクエア(Square)社のCEOジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏は、ライトニングラボ(Lightning Labs)のチームと協業して、ライトニング・ネットワークを模索していると述べ、Squareの「Square Cash(Cash App)」への将来的な導入に前向きな意向を示しました。

Cash Appは2018年に700万の月間アクティブユーザー数を有したとされ、Apple Storeの金融部門でNo1を獲得したペイメントウォレット・アプリです。ライトニング・ネットワークは、ビットコイン・トランザクションを安価で高速にし、メインストリームでの実用的な採用のために設計されたレイヤ2ソリューションです。

ビットコインの支払いにフォーカス

2月11日のポッドキャストでドーシー氏は、ライトニングラボ(Lightning Labs)のCEO Elizabeth Stark氏と共に、ビットコインの理想と個人的な信念について議論しました。

まず、なぜ他の仮想通貨ではなく、ビットコインに注目しているか聞かれたドーシー氏は、「それ(ビットコイン)を作成したプリンシパル(原則)、それを取り巻くコミュニティ、それが育む理想、そのブランド、アイデアを形にする風潮、および…実質的な要素もある。他にも面白いアイディアはあるが、それらのアイディアはビットコインに統合できると考えている。」と答えました。

同氏はまた、ビットコインの通貨としての側面を重視していると述べ、ビットコインをよりトランザクショナルにすることが最優先事項だと付け加えました。支払いのためにより早く、より簡単に使用できるようにする必要があると強調しています。

ライトニングネットワーク実装の可能性

ドーシー氏はまた、Cash Appへのライトニング・ネットワークを実装するかどうかを聞かれ、Lightning Labsチームと協力して模索していると答えました;

「私たちは(ビットコイン)を可能な限り早く、効率的に、そしてトランザクショナルにすることを望みます。そしてそれは当社の売り上げベースと登録数を含みます。『もし』ではなく『いつ』の問題です。必要なスピードと効率性を確実に得るために何をすればよいか。私たちがセラーサイドで取り組んでいる事の多くは、トランザクションをできるだけ速くすることです。」

ドーシ―氏によると、アプリはすでにアンダーバンク(銀行口座を持たないユーザー)にも、仮想口座に資金を入金でき、同社のデビットカードを提供してビットコインを貯金できるようにしました;

「過去にビットコインにアクセスできなかった人が、たった1回のタップでアクセスできるようになり、24時間体制のネットワークに接続して支払えるようになった。非常に素晴らしい経験だと思います。私たちはこれを拡大し続けるつもりであり、これをシンプルに、親しみやすく感じられるようにします。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る