COIN TOKYO

¥442,519
BTC -0.02%
¥15,086
ETH +0.06%
¥33.97
XRP -0.09%
¥18,288
BCH +0.16%
  • 2019/02/22
  • コイン東京編集部

ビットポイントがタイで取引所に関するライセンスを取得、同国での取引所開設を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加
21日、取引所ビットポイントを運営する株式会社ビットポイントジャパンが、現地タイ国法人と共同で設立した暗号資産取引所運営会社BiTherb Co., Ltd.(ビターブ)は、タイにおけるデジタルアセットビジネスに関する緊急勅令に基づき、暗号資産取引所・デジタルトークン取引所・暗号資産ブローカー・デジタルトークンブローカーの4つのライセンスを2019年1月31日付で取得したことを発表しました。
新規事業者に付与されたライセンスとしては第一号となります。

※BiTherbはライセンスを取得しましたが、ライセンス取得日から180日以内(2019年7月30日まで)に、タイ証券取引委員会の検査を受けたうえで、営業を開始します。BiTherbは現在、事業開始に関してSECと調整中とのことです。

タイで新たな取引所を開設

タイは、暗号資産の整備に国を挙げて積極的に取り組んでいる国の一つとして知られており、2018年5月にデジタルアセットビジネスに関する緊急勅令が施行されました。

この勅令は、暗号資産を「デジタルアセット」として定義し、証券取引委員会による管理と規制が行われるものとしたうえで、それを取り扱う事業者は、財務省よりライセンスを受けなければならないとされています。

こうした明確な規制を打ち出すことにより、投資家の保護だけでなく、タイでの暗号資産取引の健全化及び市場の活性化、更には暗号資産決済の普及が期待されます。

今回のライセンス認定を受け、BiTherbでは近日中にBITPointが提供するホワイトラベルシステムを利用した、デジタルアセット取引所事業及びブローカー事業の開始を予定するとともに、ICOポータルライセンスの取得も計画しているとのことです。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る