COIN TOKYO

¥1,065,949
BTC +0.62%
¥19,815
ETH +0.61%
¥28.26
XRP +0.70%
¥32,006
BCH +0.91%
  • 2019/02/25
  • 2019/02/25
  • コイン東京編集部

韓国の暗号資産取引所Coinbinが破産申請、従業員の暗号鍵管理トラブルで約30億円の損失

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスコリアによると、韓国の暗号資産取引所Coinbinが2600万ドル(約30億円)以上の損失を出して破産を申請しているという。「従業員の横領による債務の増加により、破産を申請する準備をしています。」とCoinbinのPark Chan-kyu CEOは20日に述べています。

現在、取引所からのすべての暗号資産と現金引き出しは停止されており、払い戻しは、破産手続きに従って行われる様です。*本文中のYoubitはYoBitとは異なります。


暗号鍵管理上のミスとの主張

Park氏は、Coinbinの前身YoubitのCEOを務めていた暗号資産の管理担当役員が、職責を怠って会社の資金を奪ったと主張しています。
役員は昨年11月に、数百ビットコインを保管していた複数の暗号ウォレットの数百の暗号鍵を削除し、100以上のイーサリアムを保管した単一のウォレットの暗号鍵を紛失したと訴えていたという。

しかし、Park氏はこれはミスでは無いと見ており、役員は暗号資産のエキスパートである事から、意図的な行為だと指摘しています。損失額は293億ウォン(約30億円)と推定されており、そのうち270億ウォンがYoubitの元メンバーに使われ、23億ウォン(約2.2億円)相当のコインが紛失したとされています。

Youbitは2017年12月にハッキングに遭い、保管していたユーザーの暗号資産の5分の1を奪われました。2017年4月にもハッカーの犠牲に遭っており、約4,000ビットコインを含む3500万ドル相当の資産を失いました。

Youbitは12月の攻撃の後に破産を申請したが、数ヶ月後にCoinbinとしてリスタートしていました。当時の破産申請のわずか20日前に、Youbitは保険証券を取得していた事から、保険詐欺の申し立てを受けていました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る