COIN TOKYO

¥892,848
BTC +0.13%
¥19,706
ETH +0.39%
¥31.40
XRP +0.18%
¥24,221
BCH +0.29%
  • 2019/02/27
  • 2019/02/27
  • コイン東京編集部 ritz

JPモルガンCEO、将来的なJPMコインの消費者利用を示唆|大投資家バフェット氏、「ビットコインは幻想、JPモルガンでさえ自分で作る」

このエントリーをはてなブックマークに追加
JPモルガン・チェースのジェームズ・ダイモンCEOは、計画中の米ドルにペッグされた暗号通貨「JPMコイン」が、最終的には消費者向け製品になる可能性があると示唆しています。CNBCによると、JPモルガンの年次投資Q&Aで、ダイモン氏は次のように述べました。

「JPモルガンコインは内部向けにも、商業的にも、いつかは消費者向けにもなり得る。」

しかし当面の間は、トークンはBtoBのユースケースにのみ使用される見込みです。JPモルガンは今月初めにJPMコインの法人顧客との試行計画を発表しました。

銀行のブロックチェーンリーダーUmar Farooq氏は、取引企業向けの3つのアプリケーションを概説しました;大企業顧客による国際送金の電信送金を代替、証券発行を目的とした即時決済、JPモルガンの財務サービスを利用している大手企業の子会社が保有する米ドルの代替。

JPモルガンのFAQは、JPMコインは銀行独自のブロックチェーンQuorum上で動作し、「すべての標準的なブロックチェーンネットワーク上で動作可能である」と、商業的な可能性が示唆しています。

一方、ビットコインは誰でもアクセスできるオープンソースのネットワークです。ダイモン氏は、2017年、暗号通貨ブームの最盛期にビットコインを詐欺と呼び、2018年にこの発言を撤回しました。

バフェット氏「ビットコインは幻想、JPモルガンでさえ自分で作る」

バークシャーハサウェイのウォーレン・バフェットCEOは、ブロックチェーン技術は「重要」だと考えていますが、ビットコインは「幻想」と切り捨てました。同氏は25日にCNBCに以下のように語っています;

「ブロックチェーンは独創的で重要ですが、ビットコインにはまったくユニークな価値はありません。それは何も生み出さない。人々は一日中それを見ているだろうが、何かが生まれることはない。」

ビットコインとブロックチェーンについて、誰かに説明されたことを認め、バフェット氏は次のように付け加えた;

「人々は、自分たちの生活を変える何かを期待しています。限られた供給量を持つ方法を考え出し、その作成(採掘)を難しく高価にすることは非常に独創的なことです。しかし、機能は無い。... ブロックチェーンは(ビットコインに)依存しない。JP(モルガン)でさえ、ドルにマッチした物を自分で作っている。」

バフェット氏は、ブロックチェーンの重要性については詳しく述べませんでしたが、JPモルガン・チェース独自のドルペッグ暗号通貨、JPMコインに言及しました。

2014年にバフェット氏は投資家に暗号通貨を避けるよう警告しました。昨年5月、同氏はビットコインを「殺鼠剤を二乗したもの」と呼び、バークシャーの年次株主総会では「非生産的資産」と批判しました。バフェット氏は以下のように説明しました;

「農場や不動産、株式などを買えば、個人ベースで関与できます。それは完璧に満足できる投資です。投資対象がリターンをもたらすのを実感できます。さて、ビットコインや仮想通貨に投資しても、本当に何かを生み出すことはありません。次の誰かがもっと高く支払うことを望んでいるだけです。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る