COIN TOKYO

¥875,859
BTC +0.10%
¥27,390
ETH +0.39%
¥41.98
XRP +0.24%
¥44,016
BCH +0.68%
  • 2019/03/05
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は下降パターンのネックラインで短期的な反発を見せる、今後の価格はどうなるのか?-3月5日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月後半に移行からレンジ相場を継続させていた仮想通貨ビットコインは3月4日にはそれまでサポートラインとして機能していた移動平均線を遂に下回り、短期的な下降チャートを形成しました。下降チャートを形成したビットコインは2019年2月以降から形成される下降パターンのネックラインに接触しました。ビットコインは今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨ビットコイン(BTC)はhead and shoulderのネックラインで短期的な反発、移動平均線を再び突破出来るのか?

(TraidingViewのBTCJPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを見ていきます。2月24日以降揉み合いの値動きを続けているBTCは20日移動平均線をサポートラインとした値動きを続けてきましたが、3月4日に入り遂に20日移動平均線を遂にブレイクする形を見せました。

移動平均線をブレイクし、一つの下降トレンド転換のサインを出現させたBTCではありますが、移動平均線ブレイク後の現在未だ強い下落は見られていません。その理由として、現在の下値である41万円台が、2019年2月以降から形成される下降パターンhead and shoulderのネックラインと一致しているためと考えられます。

Head and shoulderのネックライン上で短期的な反発を現在見せているBTCはこのまま一度ブレイクされた移動平均線を再び上へ突破出来るのか注目です。逆に現在のネックラインをブレイクする動きが見られた場合、head and shoulderは完成することになり、大きな下落を見せる可能性が大きく高まります。

移動平均線を超えたい仮想通貨ビットコイン(BTC)だが、その直上にはもう一つの抵抗線が存在する展開

次にBTC/JPYの2時間足チャートを見ていきます。現在head and shoulderのネックラインから短期的な反発を見せ、再び20日移動平均線突破を試みようとしているBTCは移動平均線を突破できた場合、買い戻しの動きが期待出来ることとなります。

しかし仮に移動平均線を突破した場合も、もう一点注意するポイントがあります。2時間足チャートで形成されている一目均衡表の雲は、4時間足チャートでも同価格帯に位置しており、上値を非常に重たい状態にしていると考えられます。

そのため移動平均線突破後も、一目均衡表雲の売り圧力により上昇が限定的となりやすい展開を迎える可能性があるため気を付ける必要があります。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る