COIN TOKYO

¥934,899
BTC +0.00%
¥28,868
ETH +0.59%
¥43.82
XRP +0.62%
¥46,446
BCH +0.41%
  • 2019/03/05
  • コイン東京編集部

【Binance Launchpad】トークンセール第3弾Celer Network(CELR)を発表!調達目標額400万ドル・個人キャップ1500ドルに

このエントリーをはてなブックマークに追加
5日、Binanceは、Binance Launchpad(ローンチパッド) 上のトークンセール第3弾「Celer Network(CELR)」に関する概要を発表しました。CELRのトークンセールは3月19日14:00(UTC)、日本時間23時に開始されます。支払い通貨はバイナンスコイン(BNB)のみです。

Launchpadプロジェクトに参加するユーザーは、事前のKYC(顧客確認)と、トークン購入契約にサインする必要があります。

Celer Network(CELR)のプロジェクト

Bianceリサーチが発行したレポートによると、Celer Network(CELR)はLightning NetworkやRaiden、Loom Networkに競合する、ブロックチェーンのレイヤー2スケーリングプラットフォームです。

支払いトランザクションだけでなく、一般化されたオフチェーンのスマートコントラクトに対しても、迅速で簡単かつ安全なオフチェーン取引を可能にするという。CELRは、オフチェーンのスマートコントラクト取引手数料ゼロを特長とし、追加のノードが加わるにつれて水平方向にスケーラブル、すでに1万倍のトランザクション待ち時間(レーテンシー)短縮を達成しています。

ブロックチェーンを選ばず、イーサリアム、DFINITY、クオンタム、その他全てのEVMベースのブロックチェーンをサポートします。

CELRはステークトークンとなり、PoL(プルーフオブリクイディティ)コミットメントプロセスにおいて、安定的かつ豊富な流動性プールを維持するためのインセンティブとして機能します。CELRステーカーは、ネットワークに対して提供したさまざまなサービスに対して手数料を受け取ります。

米国で設立されたCeler Networkのコアメンバーは、MIT、Princeton、UC Berkeley、およびUIUCの博士号で構成されます。Celerは2018年4月と6月にシード投資とプライベートセールを実施。合計約3100万ドル(約34億円)を資金調達しました。

Celerは、2019年2月にモバイルウォレット「CelerX」をローンチしました。Celer NetworkのSiriusテストネットのモバイル向けの入口となるCelerXには、現在、世界40カ国以上3,300人以上のユーザーが参加しているとのこと。

ローンチパッド、トークンメトリクス

・ローンチパッドスケジュール:2019/03/19 2:00 PM(UTC)~2019/03/24 2:00 PM(UTC)
・総発行量:10,000,000,000 CELR
・Binance Launchpadトークン販売量:597,014,925 CELR(発行量の6%)
・トークンセール後の初期循環供給量:1,965,033,333 CELR(~20%)
・トークンセール価格:1 CELR = 0.0067 USD(BNB単価は当日設定)
・トークンセールフォーマット:先着
・個人キャップ:1,500 USD(約175000円)相当
・トークンセール資金調達目標:400万ドル(約4.4億円)
・支払いトークン:BNBのみ


5日、Binanceのジャオ・チャンポン(CZ)氏はツイッター上でAMA(質問会)を開きました。CZは、トークンセールの構造を「低価格・高需要」と表現。調達金額とトークン価格を必要最小限に抑えて、上場後のトークンの需要を高めるように設計されています。

過去2回のトークンセール(BTTとFET)は、トークンセール開始から数十秒で完売となりました。CZは購入できなかった投資家から多くの批判を受けたという。

同氏は今後も基本的なフォーマットは変更しないと述べましたが、今回は個人キャップが1500 USDに設定されています。調達目標額400万ドルで換算すると、2666名前後が参加できる可能性があります。前回のFetch.AIのトークンセールでは個人キャップが3000 USDに設定されて、600万ドル相当のFETが2758人に購入されました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る