COIN TOKYO

¥448,473
BTC +0.10%
¥15,505
ETH +0.09%
¥35.37
XRP +0.20%
¥18,044
BCH +0.48%
  • 2019/03/09
  • コイン東京編集部

仮想通貨取引所4カ所に基づく、インドで取引量の多い通貨トップ5

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bitcoin.comは、2019年1月1日から3月7日までの期間にインドの複数の暗号資産取引所で最も取引された暗号資産を調査しました。

インドの中央銀行(インド準備銀行:RBI)が暗号資産取引所と銀行間のビジネスを遮断しているにもかかわらず、多くの暗号資産取引所は独自の工夫でサービスを継続しています。

インドの取引所Wazirx、Coindcx、Instashift、Bitbnsが、Bitcoin.comにデータを提供しました。

今年インドで取引量が多かった通貨トップ5

1、BTC

Wazirx、Coindcx、Instashiftで、最も取引されている暗号資産はビットコイン(BTC)でした。Wazirxは1月1日から3月7日までの間に650万ドル相当(約1850 BTC)の取引を処理しました。Coindcxは792 BTC(約278万ドル相当)。InstashiftのBTC取引量は総「購入」量の77.76%、総「売却」量の67.58%を占めたという。BitbnsでBTC取引は3番目となっています。

BTC価格は、年始の1BTC=3,742ドルから現在の3,902ドル(約429,200円)まで4.28%上昇しました。時価総額は現在約685億9000万ドル(7兆5449億円)、市場全体の時価総額の約51.65%を占めています。

2、ETH

イーサリアム(ETH)は1月1日から3月7日までの間にWazirxで2番目に取引が多いコイン、200万ドル相当が引き渡されました。Instashiftでは4番目に取引されました。CoindcxとBitbnsでは、ETHは上位5つ含まれていません。イーサリアム(ETH)の時価総額は約145億1000万ドル(1兆6130億円)。価格は年始の1ETH=134.49ドルから現在135.64ドル(15,339円)まで0.86%だけ上昇しています。

3、XRP

リップル(XRP)の取引量は、Wizirx、Coindcx、Instashift、Bitbns全てで今年のトップ5に入っています。Wazirxで3番目に取引が多く、年初から200万ドル弱相当のXRPが引き渡されています。これは、Coindcxで4番目に販売されたコインで、456 BTC相当が取引されています。XRPはBitbnsで最も取引されているコインでした。Instashiftで2番目に取引され、総「購入」量の9.31%と総「販売」量の9.74%を占めました。

XRPの価格は1月1日の1XRP=0.3549ドル(約39円)から現在の0.3095ドル(約34.045円)まで12.78%減少しています。時価総額は現在約128億3,000万ドル(1兆4113億円)で3位にランクしています。

4、TRX

トロン(TRX)は、Wazirx、Coindcx、Bitbnsで年初来の取引量トップ5に入っています。Wazirxでは約170万ドル相当(約480BTC)、Coindcxでは423 BTC(148万ドル)相当が取引されています。3月5日にTRXは、Koinexの即時両替サービス「Express」(200以上の暗号取引ペアを提供)で、最も人気のあるデジタル資産と発表されました。


トロン(TRX)の価格は年初から17.71%上昇。1TRX=0.019096ドルから0.022477ドルとなっています。時価総額は現在15億ドル(約1750億円)です。

5、BTT

BitTorrentトークン(BTT)はWazirxとCoindcxで取引されている上位5つのコインの1つです。Wazirxでは期間中に約80万ドル相当のコインを取引、Coindcxでは559BTC(約200万ドル)相当が取引されました。

BTTは先月Wazirxで取引を開始し、即座にトレードが集中したと取引所は語っています。特にWazirxは毎月11日のTRX保有者向けのBTTトークンのエアドロップをサポートしてる事も影響している様です。Koinexmoもまた、2月1日にBTTエアドロに対する支援を発表しました。

BitTorrentトークン(BTT)の価格は1月31日の1BTT=0.000516ドルから現在の0.000738ドルへと43.02%上昇しています。

Coindcxで、今年3番目に取引されたコインはTheta token(THETA)で、バイナンスコイン(BNB)が6番目となっています。Bitbnsでは、カルダノ(ADA)、イオス(EOS)、およびネオ(NEO)が同期間中に多く売買されました。

現在、インドの暗号コミュニティは、政府による暗号規制の発表を待っています。中央銀行であるインド準備銀行(RBI)による銀行アクセスの禁止が解除されることを期待しています。国の最高裁判所は、2月25日に政府に対し、4週間後に暗号資産に関する規制の枠組みを提示するよう求めました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る