COIN TOKYO

¥872,563
BTC -1.03%
¥27,235
ETH -1.16%
¥41.90
XRP -1.52%
¥44,579
BCH -1.02%
  • 2019/03/12
  • コイン東京編集部

Bittrex Internationalがゲームデータ共有プロジェクト「RAID」のIEOトークンセールを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
〇出典:公式ツイッターより
Bittrex Internationalが3月15日の午前10時(KST=韓国タイム)から始まるIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)の概要を発表しました。

BittrexInternationalは、RAIDプロジェクトのXRDトークンのIEOを主催します。RAIDは、データをシェアするゲーマー向けに報酬を与えるネットワークです。一方でデータは、ゲーム会社が改善、マーケティング、および新規事業開発の促進、新しい技術の開発に使用されます。

またBittrexは、今後さらなるIEOの開催を示唆しました。

RAID(XRD)のトークンセール概要

KYC(顧客確認)済みのBittrex Internationalユーザーは、RAIDのIEOに参加できます。XRDトークンセールのエコノミクスは以下の通りです。

・トークン販売開始:2019年3月15日(GMT + 9)
・トークン販売終了:2019年3月18日(GMT + 9)上限に達した時点で終了
・総トークン供給量100,000,000,000 XRD(1000億枚)
・Bittrex セール割当17,000,000,000 XRD(170億枚:17%)
・Bittrex セール調達目標:6億ドル
・パブリックセールトークン価格0.00000010 BTC

・初期循環供給量:34.5%(345億枚)
・参加通貨BTC
・個人キャップ:57,000,000 XRD(約220万円)
・最低購入量:30,000 XRD(約1100円以上)
・プライベート&シードセール:なし
・以前の公募3,000,000,000 XRD(3%)
・トークンタイプERC-20(独自メインネットに移行予定)
・トークン配布:セール終了後14日以内

〇参考:international.bittrex.com

XRDトークンはシンガポールで設立されたONERAID PTEによって発行されます。RAIDは、コアパートナーであるゲーム分析プロバイダのOP.GGと共に、ブロックチェーンテクノロジとトークンエコノミーを使用してゲームデータの所有権をユーザーに戻すことを目的としています。

OP.GGは、4500万を超える最大MAUを有し、世界11地域、23言語でサービスを提供しているeSportsゲームデータサービスのスタートアップです。RAIDの経営陣はOP.GGの出身者が連ねており、CSOのTAESUNG KIM氏は、暗号資産取引所Coinoneの出身とのことです。

RAIDは、既にテストネットをローンチ。2019年Q2にメインネット開設を予定しています。その後Q4までに、順次Raidローンチャーとマーケットプレイスを開設予定です。

2014年に設立された米国の暗号通貨取引所Bittrexは、国際的に展開する目的で昨年9月に「Bittrex International」を設立しました。同社は既に南アフリカ、マルタ、モンゴルへの進出を表明しています。BittrexでKYC済みのユーザーは、Bittrex Internationalにデータが引き継がれ、利用できる模様です。[


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る