COIN TOKYO

¥878,661
BTC -0.31%
¥27,421
ETH -0.25%
¥42.32
XRP -0.47%
¥44,840
BCH -0.56%
  • 2019/03/13
  • コイン東京編集部

ジャスティン・サン、約22億円のエアドロップを発表|BitTorrentトークン経済の実現可能性に自信を示唆

このエントリーをはてなブックマークに追加
トロンの創設者でBitTorrentのCEOでもあるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、2000万ドル(約20億円)のキャッシュのエアドロップと、テスラ(電気自動車)を贈呈する企画を発表しました。このキャンペーンはBitTorrentトークン(BTT)の成功と、トロンとテザー社とのパートナーシップを祝して開催されています。

参加するユーザーは、ツイッターで@justinsuntronをフォローし、キャンペーンに関するツイートをリツイートする必要があります。応募期間は3月27日までです。


「#BTTと#USDT-#TRONの成功を祝うため、私は$ 2,000万ドル(約22億円)の現金エアドロップを計画しています。3/27までに1人の勝者をランダムに選び、テスラを提供します!応募するには、このツイートをフォローしてください! 」

BitTorrentトークンネットワークの処理能力を批判

BitTorrentユーザー向けの仮想通貨「BTT」は今年1月に発行されました。Binance LaunchpadでのBTTのトークンセールは、わずか数分で完売となり、多くの期待と注目を集めました。

一方で、元BitTorrentの最高戦略責任者Simon Morris(サイモン・モリス)氏は、ジャスティン・サン氏が率いる開発陣の管理技術を批判しました。モリス氏は、ブロックチェーンと仮想通貨の可能性を模索していた人物で、“トロンによる買収に結び付けた”と述べています。BitTorrentでは10年近く従事し、2018年7月に退職しました。

1月11日、BreakerMagのインタビューで、サイモン氏は、「トロンはBitTorrentをトークン化する上で必要な取引量を管理することができないだろう。」と述べました。

月間1億人のアクティブユーザーが利用する分散型ファイル共有サービスBitTorrentで、新たなBTTトークンは、利用者がファイル転送速度を最大40%向上する際に支払われる設計です。

サイモン氏によると、毎秒数百回のトランザクション処理能力を必要としています。彼は以下のように続けました:

「1秒間に10,000件の取引が処理されるという。それはすべて嘘だ。トロンを破壊する事になります。(BitTorrentの処理量は)文字通り破壊的です。...トロンは基本的に、非常に薄いベニヤ板の技術を重ねたマーケティングマシンです。」

実現可能性に自信を表明

元エグゼクティブのサイモン氏の主張は説得力があり、一見の価値があるかもしれません。しかし、ジャスティン・サン氏とトロン・チームは、BitTorrentの管理方法を説明する時間があります。

14日にジャスティン・サン氏はRedditを採用して返答しました。彼によると、ホワイトペーパーで明確に言及した様に、プロジェクトはハイブリッドアプローチを採用します。;

「BitTorrent Inc.は“オンチェーン/オフチェーンのエクスチェンジ”を展開する予定です。これは高性能なプライベートレジャー(台帳)とトロンのパブリックブロックチェーン間でトークンの転送を容易にします。」

「BitTorrentプロトコルを使用してファイルを転送するには、多くのピアと交換するために、それらを小さなパーツに分割する必要があります。各交換にはマイクロペイメントが必要で、これはチェーン外で行われます。交換が完了すると、これらのトランザクションはブロックチェーン上で合意によって格納されます。今日の多くのブロックチェーンで共通のアプローチです。」

最近、ジャスティン・サン氏は、BitTorrentトークンを支える基盤のデモを見て、自信を表明しました。


「#BTTは#TRONによって支えられ、非常に滑らかに速く稼働しています。すべてのトランザクションは、即時かつ安全、そして分権化が保証されています。1億人のアクティブユーザー全員にこれらのサービスを提供したら、業界をどれほど揺さぶる事になるだろう。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る