COIN TOKYO

¥877,967
BTC -0.38%
¥27,407
ETH -0.30%
¥42.26
XRP -0.62%
¥44,766
BCH -0.73%
  • 2019/03/15
  • コイン東京編集部

ステラ・ルーメン(XLM)の創設者が、IBM幹部とカンファレンスに登壇予定|新発表への期待も

このエントリーをはてなブックマークに追加
〇blog.coinbase.comより
13日に、米国の暗号資産取引所Coinbase(コインベース)はトレーダー向けのプラットフォームCoinbase Proに、ステラ・ルーメン(XLM)を追加した事を発表しました。

ステラは、任意の通貨ペア間の国境を越えた取引を可能にするためにデジタル通貨とフィアット間の送金を担うオープンソースの分散型プロトコルです。このプロトコルは、元RippleのCTOのジェド・マケーレブ(Jed McCaleb)氏と、Joyce Kim氏に設計され、現在は非営利団体Stellar Development Foundationによってサポートされています。そして、ルーメン(XLM)はステラ・ネットワークのネイティブ資産です。

Coinbase ProがXLMをサポート

Coinbase Proで新たに設置されるペアは、XLM / USD、XLM / EUR、およびXLM / BTCの3つです。13日の20:00 (UTC)以降、XLMの預金の受け入れを開始。その後、オーダーブックでの取引が段階的に開始されます。ポストオンリーモードから始まり、健全な流動性が担保されたらフルトレード段階に進みます。XLMのサポートは、ニューヨーク州を除く米国と、Coinbaseのサポート対象の管轄区域で利用可能になります。

Coinbaseはブログでステラ・プラットフォームについて以下のように説明しました;

「ステラの暗号通貨であるステラ・ルーメン(XLM)は、ステラ支払いネットワークを強化します。ステラは、銀行、支払いシステム、および個人を迅速かつ確実に結び付けることを目的としています。インターネットは世界中のコンピューターをつなげ、情報を世界規模で共有できるようにしました。ステラは、これと同じことをお金で実現することを目指しています。」

XLMはまだ、Coinbase の一般ライン(Coinbase.com)やモバイルアプリでは利用できていません。

IBMの3月19日のiイベントへの期待

IIBMのブロックチェーンおよびデジタル通貨担当バイス・プレジデントJesse Lund氏が、ステラをベースとしたクロスボーダー支払いソリューション"IBM Blockchain World Wire" (ステラ・ブロックチェーンで構築されている) "について新たな発表を計画しているのではないか、と噂されています。

Lund氏は、3月19日から21日にかけてシンガポールで開催されるカンファレンス「Money 20 / 20 Asia」に、マケーレブ氏と共に登壇する予定です。

〇money2020asia2019より

“ブロックチェーンのペアはまた、世界のトップ5の暗号通貨の1つが、IBMのような巨大な技術企業のグランドプランにどのように組み込まれているかを共有するだろう。“

Lund氏は、2月20日に公開されたオーストラリアのメディアFinder.com.auのインタビューで、以下のように述べていました;

「World Wireのアーキテクチャーは、真に国境を越えた支払いネットワークです。その能力は、支払いメッセージを送る魔法のようなものです。誰かが『ヘイ、君に何かを送るから、準備してくれ』と伝え、反対側で受信者は、送信者が悪意のある行為者ではないことを確認します。一度送金されると、それは本当に速く処理されます。そしてそれは、価値を伴って送られます。これは、デジタル決済手段のエコシステムによって実現します。その一つがルーメンです。」

「IBMの長年の賭けは、ネットワークオペレーターになることです。つまり、World Wireの参加者、顧客は、実際にその場所で支払いを行うマーケットメーカーです。彼らはおそらく企業・一般顧客を持ちます。だから、我々は真にリアルタイムに送金可能な、一種のコンジットを提供しようとしています。」

15日時点、ルーメン(XLM)は1XLM=12.00円(前日比3.58%高)、時価総額2306億円で市場8位にランクしています。過去30日間で38.0%成長しています。

〇過去60日間のステラの対USD価格推移 Coingeckoより

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る