COIN TOKYO

¥442,436
BTC -0.04%
¥15,080
ETH +0.02%
¥33.97
XRP -0.05%
¥18,283
BCH +0.11%
  • 2019/03/15
  • コイン東京編集部

リスク(LSK)チームが、ドイツのWEG Bankと協力している可能性が浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
リスク(Lisk)プロジェクトが、ドイツのWEG Bankと協力している可能性が報じられました。WEG Bankは、ライトコイン財団とトークンペイが株式を共同所有する銀行です。

リスク(Lisk)の関わりの詳細は不明ですが、LSKチームはブロックチェーンと伝統的な金融の世界を結びつける取り組みを模索している可能性があります。このニュースは、ライトコイン(LTC)の創設者チャーリー・リー氏と、トークンペイのデレク・カポCEOの動画配信で伝えられました。


「銀行の最新情報についてですが、今一番のトピックは、銀行が実際に彼らのシステムで企業をテストしているということです。現在彼らが実際に最初の企業アカウントをテストするために、協力している会社はLISKです。それが済んだら、トークンペイをオンボードして、その次にライトコイン財団と銀行口座を持ちます。予想以上に時間がかかっているのは、これらすべてを政府に提示しているからです。」

WEG Bankの暗号統合イニシアチブ

トークンペイのデレク・カポCEOによると、WEG Bankは小規模です。しかし彼らは、システムで暗号の統合が可能になれば、協力している委員会の下、800の銀行からなるネットワークへの展開を視野に入れているという;

「…(これにより)銀行が他の暗号会社と協力して、コミュニケーションを取ることが出来るインフラストラクチャーを持つことを可能にする。」

TokenPayとライトコイン財団が共同所有するWEG Bankは、フィンテックプロジェクトへの関与の拡大を目指しています。カポ氏によると、信頼性の高い銀行口座とそれに準拠した金融サービスは、暗号通貨プロジェクトと組む形で規制に対処しようと試みています。

2018年5月、匿名性とセキュアなウォレットを組み込んだ高度な支払いシステムを構築するTokenPay Swiss AGは、ドイツの銀行「WEG Bank AG」と提携して、その9.9%の株式を取得しました。当時、規制当局の承認を待って全体で90%まで購入できるオプションも得ていました。

7月にライトコイン財団はトークンペイ(TPAY)チームと戦略的パートナーシップを締結。ライトコイン財団は、マーケティング・技術協力と交換に、トークンペイ(TPAY)が保有するWEG Bank AGの9.9%の株式を取得しました。

LISKは、開発者や企業がJavaScriptを使って簡単にブロックチェーンシステムを構築できるプラットフォームです。企業のレガシーシステムからの移行を助け、サイドチェーン上にdappの簡単で柔軟なデプロイを可能にします。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る