COIN TOKYO

¥1,146,873
BTC +0.67%
¥24,389
ETH +0.55%
¥35.71
XRP +0.33%
¥34,810
BCH +0.85%
  • 2019/03/17
  • 2019/03/17
  • コイン東京編集部

カルダノ(ADA)の価格が1ヵ月で24%高、平均取引高は70%増|Coinbase上場への期待が高まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
〇出典:blog.coinbase.com
カルダノ(ADA)は、過去30日間に24%上昇しています。平均取引量は約70%増加しています。Coinbase上場への期待から、トレーダーの注目が集まっている可能性が指摘されています。

Coinbaseが昨年指名した5通貨の1つ

2018年7月にCoinbaseはカルダノ(ADA)を含む5種類のコインを模索していると発表しました。現在、5つのコインのうち、カルダノ(ADA)はまだ上場していない唯一の資産です。過去3四半期にCoinbaseは、より小規模で流動性の低い資産からサポートしてきました(BAT、ZRX、ZEC)。今月13日には、ステラ(XLM)がCoinbase Proに上場したため、5つの中で残された資産はADAのみとなっています。

Coinbaseへの上場直後、各資産の価値は5~10%増加してきました。この影響は「Coinbase効果」と呼ばれています。以前に比べると、取り扱いコインが増えているため効果は低下しているかもしれません。しかし、Coinbaseは依然として利用者・流動性共に高く、市場で強力な影響力を維持しています。

分析機関CoVentureによるウォッシュトレード(人工取引量)を除いた換算データ*に基づくと、Coinbaseは、BinanceとBitfinexに次いで3番目に流動性が高い取引所とされています。米国で主要な取引所への上場への期待は、投資家に依然として強く意識されているでしょう。

比較的新しいカルダノ・ブロックチェーンは開発段階であり、現在までネットワーク・ノードが集中管理されていました。まもなく分散化フェーズ「Shelly」の開発段階へ移行するため、技術的な転換期を迎えます。匿名性通貨ジーキャッシュ(ZEC)は、昨年10月末のフォーク「Sapling」から約1か月後の11月30日にCoinbaseのサポートが開始されました。ADAのブロックチェーンの変化によっては、Coinbaseの対応に影響すると注目されています。

〇出典:newsbtc.com

過去7日間で7.3%を追加した後、トロン(TRX)とコスモス(ATOM)を越えてカルダノ(ADA)はトップ10に戻っています。ファンダメンタルズと魅力的なローソク足が投資家を惹き付けている様です。

チャートは強気を示しており、3月9日に4.5セントを超えたブレイク以後、直近2つのローソク足はボリンジャーバンド上を沿って動く「バンド・ウォーク」の兆候を示しています。17日時点の90日移動平均線(4.27セント)から上方に大きく乖離しており、1ADA=5.02セント(5.63円)となっています。

これは強気とリスクオフを示し、トレーダーは短期で6セントを目標にポジションを取る可能性があります。特に1週間の平均取引量を比較すると、3月3日週2億2100万ドルに対して3月10日週に3億7200万ドルの高い値を観測しました。

強気の勢いが回復するにつれ、3億2100万ドルを超える平均取引量が維持される事で、6セントへの上昇が後押しされるでしょう。17日夜の時点、過去24時間でADAは3億3,785万ドルの出来高を記録しています。

*Exchange Liquidity Whitepaper Feb 2019


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る