COIN TOKYO

¥1,138,439
BTC -0.45%
¥24,263
ETH -0.20%
¥35.61
XRP +0.02%
¥34,520
BCH -0.38%
  • 2019/03/18
  • 2019/03/18
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)が東南アジアのフィアット対応取引所FinanceXに上場

このエントリーをはてなブックマークに追加
〇出典:FinanceX公式ツイッターより
シンガポールを拠点とする暗号資産取引所FinanceXは、14日にリップル(XRP)を上場しました。設置された取引ペアは以下の通りです。

対フィアット:
XRP対ベトナムドン(VND)
XRP対インドネシアルピー(IDR)
対仮想通貨
XRP対ビットコイン(BTC)
XRP対FNX(取引所トークン)
XRP対USDコイン(USDC)

東南アジアの主要な取引所にXRPが上場


Coingeckoによると、FinanceXの取引量は2万ドル/日で市場123位となっています。同社はベトナム、東南アジアを主要なターゲットとしており、イーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)等の代表的なトークンの他に、ジリカ(ZIL)やオミセゴー(OMG)、シータ(THETA)など計21種類のトークンが上場しています。2月25日付けのブログによると、今後韓国市場への進出を視野に入れているという。

WEBサイトによると、昨年8月にローンチしたFinanceXはフィアットで取引できる世界クラスのデジタル資産取引所です。日本、シンガポール、米国の金融機関に支援されており、外国為替および証券取引所の開発、運営、管理における長年の経験を持つチームによって運営されています。
「FinanceXは、取引のための最も安全で信頼性の高いリアルタイムプラットフォームを顧客に提供します。」と主張しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る