COIN TOKYO

¥614,393
BTC -0.33%
¥18,507
ETH -0.12%
¥33.80
XRP +0.21%
¥30,598
BCH -1.04%
  • 2019/03/18
  • コイン東京編集部

Googleトレンドで「Altcoin」関連の検索ボリュームが2017年末の水準に近づく

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、暗号通貨業界全体が活気づいているようです。特に、いくつかの有望なアルトコインは、主要な抵抗線をブレイクして上向きに推移し続けています。
〇出典:cryptocurrencychart.com

一部のアルトコインは、年初来で100%を越える投資対効果をもたらしています。ビットコインの市場ドミナンスは51%を下回り、暗号コミュニティでは、「アルト・シーズン」の到来が囁かれています。

投資や取引をする際に、複数の指標を考慮する事は重要です。テクニカル・チャート以外にも、市場のセンチメントを分析することは優れた指標となります。そうした指標の1つには、Googleトレンドが提供するチャートがあります。

〇出典:trends.google.com/trends/explore?geo=US&q=%2Fg%2F11bxc77l76

アルトコイン市場について、直近1年間では最大の急上昇があります。実際、最近の「Altcoins」に対する関心は、2017年12月の最高値以来初めて急激に高まりました。

ただし、このチャートは「Altcoins」というトピックに対する全体的な関心を示しており、「Altcoins」という単語の検索結果ではありません。Googleによると、トピックは集約された関連検索用語の集まりとして提示されます。

人々が検索しているものの全体的なスナップショットを示しています。つまり、Googleは検索結果を「altcoins」という単語の他に、「XRP」、「Litecoin」、「Ravencoin」、「Binance Coin」などの関連用語も追跡してデータに集約しています。

Googleトレンドの統計が拡大し、アルトコインの価格が上昇しても、アルト・シーズンが今後継続するかどうかは不明です。結局のところ、アルトコインの高騰が呼び水となって、新規の投機資金が流入するかが重要となります。

ライトコインの出来高は2017年末の高水準に回復

Coinmetricsのデータによると、ライトコイン(LTC)の取引量は昨年11月頃に価格トレンドから乖離し始めました。当時、LTCの取引量は約3億ドルから6億ドル超のレンジを推移していました。

現在、ライトコインは1LTC=60.36ドル(6733円)で取引されており、24時間の取引高は17億9000万ドル(1980億円)を記録しています。

〇LTCとBTCの価格と取引量推移 出典:coinmetrics.io

一方、ビットコイン(BTC)の1日の取引高も好調です。2月末以降に数回、100億ドルを上回り、2018年4月25日ぶりの高水準を維持しています。当時、BTCの平均価格は8,845ドルでしたが、今日の暗号資産は半分以下。18日時点にCoinMarketCapによると4023.94ドル(448,866円)で取引されています。

ビットコインの過去最大の取引量は、2018年1月5日、BTC価格が17,429.50ドルの時に観測した238億4000万ドルとなっています。

ライトコインとビットコインの取引量と価格の関係の違いは、LTC価格が12月の安値から100%以上上昇した一方で、ビットコインは安値から20%弱の上昇となっている事です。今後の出来高の推移が注目されています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る