COIN TOKYO

¥615,034
BTC -0.20%
¥18,517
ETH -0.02%
¥33.80
XRP +0.38%
¥30,664
BCH -0.70%
  • 2019/04/03
  • コイン東京編集部

取引所Liquid運営のQUOINE株式会社がIDGやBitmainから資金調達│評価額が10億ドルを突破しユニコーン企業の一員へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
3日、取引所Liquidを運営するQUOINE株式会社をグループに持つリキッドグループ株式会社は、シリーズCラウンドでの資金調達を実施し、評価額が10億ドルを超えたことを発表しました。

スタートアップ業界において日本で2社目のテック系ユニコーン企業に

この最新の投資ラウンドでは、コインベースやリップル等仮想通貨関連のポートフォリオを持ち、グローバルにおいて有力なVCの一つであるIDGCapitalや世界最大のマイニング企業であるBitmain Technologiesが参加しています。

Liquidはこれまでに2000万米ドル(約22億円)以上をJAFCO、B Dash Ventures、SBI、Mistletoe、ULSグループを含む日本の主要ベンチャーキャピタルから調達。

今回の調達資金は、グローバル展開やコアとなる仮想通貨取引プラットフォームの開発、セキュリティトークン市場への参入等、今後のグループ成長をより加速させるために使われるとのことです。

今回の資金調達に関してLiquidのCEOである栢森氏は以下のようにコメントしています。

「金融サービスのデジタル化という新たな時代の到来とともに、ユーザーの方々は、信頼でき、より簡単に利用できるデジタル資産やテクノロジーにますます高い価値を見出しています。

私たちのビジョンは、すべての人が金融サービスにアクセスできる世界を創ることです。つまり、より多くの人々をデジタル資産領域に呼び込むことで誰もが金融サービスによる恩恵を享受できるようにすることです。

今回、大変著名なIDG CapitalとBitmain Technologiesという二社がシリーズC投資ラウンドを通じて当社に参画したことにより、Liquidは2019年のグローバル仮想通貨市場を主導する主要な企業の1社になることができるでしょう。」

また、Bitmainの共同創業者のJihan Wu氏も今回の資金調達について以下のようにコメントしています。

「日本は仮想通貨業界が適切な規制下に置かれている主要国のひとつであり、リキッドグループはそのような規制を適切に遵守して運営している模範的な仮想通貨取引所です。
世界的に激しい競争の中で、こうした規制遵守の文化は、リキッドグループにとって、非常に重要かつユニークな砦となることでしょう。」



関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る