COIN TOKYO

¥874,701
BTC +0.17%
¥27,319
ETH +0.69%
¥41.81
XRP +0.35%
¥43,711
BCH +0.56%
  • 2019/04/04
  • コイン東京編集部

イーサリアム(ETH)は2日の暴落後強い反発を見せるも本日再び激しい下落へ、今後の価格はどうなる-4月4日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月2日にトライアングルパターンの下放れを起こし、価格を大きく下落させた仮想通貨イーサリアム(ETH)は4月3日に入り、4月2日の下落を全て戻すほどの大きな反発を見せることが出来ましたが、本日4月4日には再び激しい下降チャートを形成しています。連日価格を乱高下させているイーサリアムは今後どのような動きとなるのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨イーサリアム(ETH)は連日乱高下する動きを見せるも、今後も弱気相場目線が続く

ETH/BTCの4時間足チャートを見ていきます。4月2日にトライアングルパターンを下に抜けた形で0.03BTC台まで急落させたETHは4月3日に入り強い反発を見せました。
4月3日の反発により、4月2日の急落を全て戻したETHはイッテコイの値動きを見せたことになりましたが、昨年2018年の12月以降から形成され、2018年12月以降のトライアングルパターンのラインともなった上昇トレンドラインに反発された形で本日4月4日に再び強い下落をみせ、下値を0.031BTC台まで伸ばしています。

次にETH/USDの4時間足チャートを見ていきます。対BTCと比較して4月2日から4月3日まで上昇チャートを形成してきたETHではありましたが、本日4月4日には価格を大きく下落させています。
また4月2日以降価格を高騰させ続けている主要仮想通貨ビットコイン(BTC)との関連性も合わせた場合、ETHは4月2日の時点でETHからBTCへ資金を流入させたことにより下降チャートが形成されたと考えることができます。

4月3日に入り、一度BTCからETHへ資金が戻された可能性があるETHは一時反発の動きも見せましたが、対法定通貨のチャートでも下落を見せた本日4月4日には再び激しい下落を形成したと考えることが出来るでしょう。

ETH/BTCの日足チャートを見ていきます。4月に入り、長期的なトライアングルパターンを下に抜けたETHは同時に20日移動平均線、60日移動平均線と多くの移動平均線をブレイクした形ともなりました。
4月3日に一度強い反発を見せることもできたETHではありましたが、2018年12月以降の上昇トレンドラインに反発を受けた形で再び下落方向へ傾いたETHは今後も下落する可能性は高いと言えるでしょう。

意識される価格帯は2019年2月の最下値であり、2019年度の最下値ともなる0.0298BTC台となります。まずは0.0298BTC台で上昇の動きがみられるのか注目しましょう。また仮に今後の値動きで再び上昇の値動きがみられる場合、2018年12月以降の上昇トレンドラインをブレイクできるかどうかが下降トレンドを終えるチャンスとなるでしょう。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る