COIN TOKYO

¥1,037,822
BTC +0.21%
¥21,884
ETH +0.32%
¥32.37
XRP +0.25%
¥31,434
BCH +1.60%
  • 2019/04/22
  • 2019/04/22
  • コイン東京編集部

ビットコイン・マイニングが損益分岐点を越え、強気相場を後押しか-仮想通貨ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
暗号アナリストでエコノミストのAlexKrüger氏によると、効率的なビットコインマイニング事業の損益分岐点は、現在3,550ドル前後と試算されています。22日時点、ビットコイン(BTC)は1BTC=5311.06ドル(594,313円)で取引されています。暗号マイニング・エコシステムの健全化が業界のコンセンサスを得ている様です。

損益分岐点は様々だが健全化の兆し


Alexによると、数字は大手採掘プールCoinGeekの昨年12月の公開情報に基づく。同社はマイニングリグ(960k TH / sで62k台)とその他の資産(例:http://coingeek.com)の4,550万ドルの売却交渉を明かした。

Alexは、BSVではなくBTCと仮定して、マイナーの運営費込みの運用コストを0.073ドル/ kWhで、3580ドルを損益分岐点と算出。今回の3,550ドルの計算では、0.055ドル/ kWhを使用した。

しかし、マイナーの地域によっては電気代が異なります。中国四川省は0.25元(=0.037ドル)/ kWh、内モンゴル新疆ウイグル自治区の電気代は0.35元(0.052ドル)/ kWh前後と伝えられています。さらに、中国南西部の雨季(4月-10月)に水力発電所から供給される電力は、夏季の最高水位の間に0.1元(0.015ドル)/ kWhに低下するという。

また、2018年の弱気相場に中国マイナーを引き寄せた、石油が豊富なイランの電気代は0.006ドル/ kWhと宣伝されています。

ビットコインマイニングの収益回復は、仮想通貨が強気の市場に参入したことを保証するものではありませんが、良い兆候です。多くのマイナーは、16ヶ月の弱気相場の中でビットコイン・ブロックチェーンネットワークを保護し続けました。

暗号通貨市場でビットコイン価格は5,311ドル。マイナーの損益分岐点価格3,550ドルと今後のビットコイン価格の上昇の可能性を考慮すると、マイナーの堅調な収益性を示唆する。

ビットコインの価格が短期間で4,000ドルを下回らなければ、マイニングは再び利益を得るようになり、2020年5月に予定されている半減期に向けて活動が加速するかもしれません。半減期を迎えると、採掘報酬が半分になり、マイナーの利益が減少します。しかし、供給量の減少に伴って、ビットコイン価格も理論上は上昇するため、マイナーの利益は適切な水準に戻ると考えられています。

仮想通貨の持続可能性にとって重要なセクターであるマイニングエコシステムの健全化は、市場の、特にプルーフオブワーク(PoW)ブロックチェーンのセンチメントを後押しする要素と考えられそうだ。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る