COIN TOKYO

¥1,134,553
BTC -0.47%
¥20,929
ETH -0.57%
¥29.17
XRP -0.68%
¥33,872
BCH -0.21%
  • 2019/04/25
  • 2019/04/25
  • コイン東京編集部

マイクロソフトがイーサリアム(ETH)ハッカソンイベントの主要スポンサーに-仮想通貨ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
gitcoin.co/hackathon/ethhack2019より
マイクロソフトは、分散型プラットフォームGitcoinを通じて、イーサリアム(ETH)エコシステムの構築と開発を支援できるユーザーに資金を提供しています。

開催中のイーサリアム・バーチャル・ハッカソン

4月15日から30日まで「イーサリアム・バーチャル・ハッカソン」が開催されています。イーサリアムコミュニティに優れたアプリケーションを提供する勝者3チームに対して、合計12社から12万7000ドルの賞金がステーブルコイン「Dai」で支払われます。このコンテストは、来週、ニューヨークで開催されるイーサリアムサミットの前哨戦となります。

ハッカソンの主要なスポンサーの1つは、イーサリアムの育成企業ConsenSys Labsです。ConsenSysは、このようなイベントを介して有能なスタッフを見つけるだけでなく、将来のプロジェクトを見つけ、資金を供給します。ConsenSysのオペレーションリーダーVivek Singh氏は以下のように述べています;

「ConsenSys Labsは、貸付市場を再考し、ピアツーピア貸付と分散型クレジットスコアシステムについて考えるプロジェクトにいくらか賞金を拠出しました。そうしたシステムが成功した場合、中央集権化された信用機関に頼るのではなく、社会的コネクションを分散化された信用スコアに活用することが可能になります。」

現在、マイクロソフトは、輸送用コンテナのスマートコントラクト(2500 Dai)から天気保険(2000 Dai)まで、20のプロジェクトに賞金を拠出しているトップスポンサーです。

JPモルガン・チェースもまた、エンタープライズ指向のQuorumブロックチェーンに基づいたプロジェクトを提供しています。Quorumはイーサリアムのフォークチェーンです。メタマスクの統合やプライバシー機能の開発など、それぞれ数百Daiを提供する複数のプロジェクトがあります。Quorumをベースとした、金融機関間の送金ネットワーク「Interbank Information Network(IIN)」は、既に200社が参画している事が最近報じられました。

ハッカソンはすでに始まっていますが、現在からでも参加できます。Singh氏によると、「私たちは、2、3日でできるものを提示しています。マイクロソフトによる賞金のいくつかは、最初の24〜48時間で陥落しました…。27日に参加したとしても、有意義な貢献につながる十分な時間があります。」

Gitcoinがオープンソース開発者に支払う

ハッカソンはオープンソース開発を奨励する分散型プラットフォーム「Gitcoin」を活用しています。Github上に構築されたGitcoinのプラットフォーム自体は、1万ドル近くの懸賞金を毎月1万8千人以上のアクティブユーザーに支払っており、世界中のオープンソース・ボランティアに資金を提供しています。Gitcoinは発行以来2年が経過しましたが、CoinMarketCapには掲載されていません。

ハッカソンの賞金はイーサリアムか、ステーブルコインDaiで支払われます。Gitcoinのブログは以下のように述べています;

「有能な開発者を惹きつけるのは、やりがいのあるプロセスです。資金提供者が効果的に開発者をチームに参加させるために、私達はGitcoinの仕組みをコミュニティに提供しています。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る