COIN TOKYO

¥1,136,893
BTC -0.09%
¥20,983
ETH -0.09%
¥29.20
XRP -0.33%
¥33,996
BCH +0.21%
  • 2019/05/08
  • 2019/05/08
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)は継続した下降チャートを形成中、今後の価格はどう動くのか?-5月8日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨リップル(XRP)は2018年12月24日以降、継続した下降トレンドを形成しており、本日5月8日も下降チャートを形成しています。リップルは依然下向きの値動きを継続している中、短期的にはどのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨リップル(XRP)は長期的な下降チャネルをブレイク、今後収束されるのか?

XRP/BTCの4時間足チャートを見ていきます。4月24日以降、一時それまでの下降チャートを止め、一週間に渡り上昇への値動きを試みたXRPでしたが、上昇は今回も限定的な値動きとなり、その後下降チャートを再び形成する動きを見せています。
本日5月8日までに下値を0.0000502BTC台まで下げたBTCは長期的に見た場合、今後も下降チャートを形成する可能性が高いものと考えられます。

しかしこれまで長く下降チャートを継続したXRPですが、5月7日から本日5月8日にかけて、これまでの下降チャートを比較して一つ相違点が存在します。それが現在の下降チャートを形成するきっかけとなった2018年12月24日から形成される下降チャネルラインのブレイクです。

これまで下降チャートを形成しながらも、下降チャネルラインには支えられた値動きを見せてきたXRPでしたが、この二日間の値動きにてチャネルラインをブレイクしてしまいました。

チャネルラインのブレイクにより、XRPは短期的にどのような値動きを見せるのでしょうか?注目する点として、今後の下降チャネルラインへの接触です。本日5月8日に更に下値を更新したXRPは陽線を形成し、再び下降チャネル内へ戻ろうとする値動きが見られています。
更にオシレーター系のテクニカル指標であるストキャスティクスでも比率を20%まで落としており、現在のXRPは「売られ過ぎている相場」で推移しています。

そのため今後のXRPは一度、2018年12月24日以降からの下降チャネル内へ戻ろうとする動きが起こりやすい状況となります。その際に、一度ブレイクしたチャネルラインがレジスタンスラインとして機能してしまうのか注目しましょう。

チャネルラインがレジスタンスラインとして機能した場合、これまでも下降チャートを形成してきたXRPではありますが、今後その下落スピードを一時強める可能性が高まってしまうため注意しましょう。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る