COIN TOKYO

¥1,138,109
BTC +0.35%
¥21,005
ETH +0.30%
¥29.28
XRP +0.23%
¥33,928
BCH +0.12%
  • 2019/05/09
  • 2019/05/09
  • コイン東京編集部

米国のポロニエクス取引所、コスモス(ATOM)のステーキング・サポートを計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
Circle Mediumより
8日、米国の仮想通貨取引所ポロニエクスは、コスモス(ATOM)のステーキング・サポートを計画していると発表しました。コスモスは委任されたプルーフオブステーク(DPoS)合意アルゴリズムを採用しており、現在の利回りは年間13%とされています。


トレーディングとステーキングのインフラ

発表によると、今夏からポロニエクスでATOMを所有する適格ユーザーは、取引能力を維持しながら自動的に報酬を獲得できるようになります。

ポロニエクスチームはコスモス(ATOM)に関連して、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)参加者への償還、証拠金取引、レンディング機能などを提供してきました。ポロニエクスは、コスモス・ステーキングのサポート計画を発表した最初の取引所の一つです。

コスモスは、Tendermint Coreと呼ばれるコンセンサスエンジンを搭載したブロックチェーンです。広範なブロックチェーン・アプリケーションがメインストリームの採用を達成するために必要な、相互運用性とスケーラビリティのソリューションを提起します。ATOMはコスモス・ネットワークのネイティブトークンです。

DPoSでは、トークン保有者がコスモス・ネットワークに参加する引き換えに、報酬としてATOMトークンを得ます。ポロニエクスは、トレーディングに摩擦を発生させずに、顧客が安心してATOM報酬を獲得できるようにするためのインフラストラクチャを構築しています。

仮想通貨取引所のトレンド

最近、ポロニエクスの親会社サークルが発行したレポートで、ポロニエクスの製品マネージャChristina Pawlikowski氏は、最近の取引所動向について以下のように述べていました。

「取引所はまた、特にサービスとしてステーキング機能を提供することによって収益を生み出す新しい方法へと細分化しています。市場が成熟し続ける中で、両方の傾向が続くと思います。」

Pawlikowski氏によると、片方の取引所グループは、IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)の分野で勢いを強めています。「取引量の減少とボラティリティの縮小により、取引所はより多くの収益を生み出すために、新しい方法を模索している。」と説明しました。


同様に、米国の仮想通貨取引所コインベースは、自社のカストディサービスの対応通貨を30種類以上に増加させた事を発表しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る