COIN TOKYO

¥1,135,396
BTC -0.47%
¥20,961
ETH -0.55%
¥29.19
XRP -0.74%
¥33,842
BCH -0.41%
  • 2019/05/12
  • 2019/05/12
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は暴騰、今後更なる価格上昇への期待も高まるのか?-5月12日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月7日より上昇チャートを形成してきた仮想通貨ビットコイン(BTC)は本日5月12日に節目である70万円台を大きく突破し、更に次なる節目となる80万円台も突破する暴騰を見せました。非常に強い勢いで上昇を見せているビットコインは今後更なる上昇を見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

仮想通貨ビットコイン(BTC)は複数の抵抗要素を解消し、価格を大きく上昇

BTC/JPYの週足チャートを見ていきます。長期足で見た場合2019年に入ってから上昇チャートを継続させているBTCは5月11日の時点で節目となる70万円台目前での値動きとなり、2018年度に長く機能したサポートラインへの接触、また一目均衡表の厚い雲への接触と、強い抵抗要素を含む相場となっていました。
しかしBTCはその後も上昇チャートを継続し、上記二つの抵抗要素を解消、相場は一気に強気相場へ傾くことになります。

本日5月12日には上昇の勢いを強め、現在上値を88万円台まで伸ばし、次なる節目となる80万円台も突破するほどの暴騰を見せたことになります。注目するポイントとして、BTCは今後も直近の値動きの中で更に上昇を見せるのか?という点となります。

(TraidingViewのBTCJPY 2時間足チャート)
(TraidingViewのFXBTCJPY 2時間足チャート)

BTC/JPYとFXBTC/JPYの2時間足チャートを合わせて見ていきます。現在BTCは上値を88万円台まで更新した後に強い反落を見せており、ローソク足には非常に長い上ヒゲを伴っていることがわかります。これまで非常に強い勢いで上昇を見せてきたBTCはなぜ88万円台で強い反落を起こしたのでしょうか?

注目するポイントはFXBTCのチャートにあります。BTCチャートでは上値を88万円台まで伸ばしたBTCですが、FXBTCでは上値を100万円台まで伸ばしており、大きな節目に接触したことになります。100万円台という節目に接触したBTCは強い反落を起こしたということになります。

本日5月12日のBTCはBTCチャートにて88万円台、FXBTCチャートにて100万円台と非常に大きなSFDが生じることとなりました。SFDが広くなる場合、チャート上では収束する値動きを見せやすい状況になります。

今回強い反発が起きた理由もSFDの収束という要素も含まれていると考えられます。しかし直近の値動きでは既にSFDは収束する動きとなっています。既にSFDを収束したBTC、現在のBTC相場は上昇トレンド相場であることも含めると今後再び上昇チャートを形成する値動きを見せる可能性が高いのではないでしょうか。



仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る