COIN TOKYO

¥1,136,393
BTC +0.05%
¥21,001
ETH +0.18%
¥29.24
XRP +0.14%
¥33,892
BCH +0.03%
  • 2019/05/13
  • 2019/05/12
  • コイン東京編集部

仮想通貨ニュースまとめ!先週(5/7~5/12)の重要ニュースを一気読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月7日から5月12日までの1週間を振り返りたいと思います。この1週間も多くの仮想通貨ニュースが生まれました。忙しくてなかなか仮想通貨ニュースをチェックできない方も、この記事をご覧頂ければどんな出来事が起こっていたかを把握できるはずです。

バイナンスでハッキング被害

8日9時(日本時間)、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は、セキュリティ侵害により7000 BTC(4,428,097,170円)が盗まれた事を発表しました。発表後にビットコイン(BTC)は2.7%急落、現在は1BTC=644,244円、前日比0.97%高で取引されています。

米SECに新たなETFが申請される

新たにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)ベースのETF(上場投資信託)の申請書が、米国証券取引委員会(SEC)に提出されました。

Crescent Crypto Asset Management LLCの子会社Crescent Crypto Index Services LLCが組成する仮想通貨ファンドは、「USCF Crescent Crypto Index Fund(ティッカーシンボル「XBET」)」と名付けられています。

Bitfinexの申し立てについて

6日午後に開かれた公聴会で、ニューヨーク最高裁判所判事ジョエル・M・コーエン氏は、4月末にニューヨーク州検事総長事務所(NYAG)によって提訴された仮差止命令について、一部見直しを命じました。コインデスクによる報道です。

コーエン判事はBitfinex側の差止命令の破棄または留保に関する申立てを全体的に否定した一方で、「差し止めの実質的かつ時間的範囲」を変更する申立てについて認めました。これから1週間かけて、原告NYAGと被告のBitfinexとTetherの弁護士は協議する事になります。

バイナンスに証拠金取引機能が実装間近

5月8日、仮想通貨取引所Binanceのジャオ・チャンポンCEO(以下CZ)は、予定されたAMA(質問会)で、証拠金取引やBinanceChain等、今後の展開について語りました。

Binanceは、同日早くにハッキング被害に遭っていました。CZは、その影響でローンチパッドのトークンセールの開催が、1週間遅れるかもしれないと述べました。同社は現在、候補リストから最終候補を選んでいます。セールは前回と同じ形式で行われます。

Facebookが仮想通貨広告規定を緩和

「ソーシャルメディア大手フェイスブックの仮想通貨市場への参入は、新たな仮想通貨ユーザーの流入につながるかもしれない」、とブロックチェーン・キャピタルのパートナー、スペンサー・ボガート氏は述べました。7日にブルームバーグが伝えました。

クレイグ・ライト氏がBTCアドレスを提出

クレイグ・S・ライト氏(以下CSW)は、裁判所命令に則して、2013年の時点で保有していたビットコイン(BTC)アドレスのリストをフロリダの連邦地方裁判所に提出しました。公開された資料はBTCアドレスが黒塗りで加工されているため、一般の人々は確認できません。

FinCENが送金規制ガイダンスを更新

米国の規制当局FinCENは、送金事業に相当する仮想通貨事業体に対して、新しい規制ガイダンスを発表しました。該当事業者は、ユーザーのプライバシーに関する規制を遵守しなければなりません。

潜在的には、ウォレット、取引所、ICO発行者、そして一部のdAppsやDEX(分散型取引所)に影響を与える可能性があります。

BTCのリオーグは可能だったのか?

7日に、ハッキングで7000 BTCを奪われた仮想通貨取引所Binanceのジャオ・チャンポンCEO(以下CZ)は、ビットコインのブロックチェーンのリオーグ(巻き戻し)を示唆して物議を醸しました。最終的に、CZはこの選択肢を断念したが、果たしてビットコインのリオーグ(巻き戻し)が可能だったのか、そしてその影響について精査されています。

BTCが6,500ドルを突破

11日、ビットコイン(BTC)は昨年11月8日以来初めて6,500ドルを超え、CoinMarketCapによると夕方時点に1BTC=6720ドル(738,890円)、前日比6.09%高となっています。市場規模は昨年11月14日ぶりに2000億ドル(約22兆円)に回復しました。

投資メディアMarketWatchは、最近のBTCの上昇の理由を分析し、4つの要因を導き出しました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る