COIN TOKYO

¥1,167,424
BTC +1.06%
¥24,572
ETH -0.17%
¥33.90
XRP +0.01%
¥33,605
BCH +0.65%
  • 2019/05/13
  • 2019/05/13
  • コイン東京編集部

マイク・ノボグラッツ氏「仮想通貨の“支払い”と“Web3.0”の競争はコミュニティが鍵に」

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨商業銀行ギャラクシー・デジタル・キャピタルの創設者マイク・ノボグラッツ氏は、ビットコインの強気派で知られ、仮想通貨スペースを先導してきました。彼は仮想通貨スペースを3つの分野に分けて、Web3.0の分野を絶賛し、特にイーサリアム(ETH)のコミュニティが優れていると語りました。

仮想通貨の3つのユースケース

5月10〜11日にニューヨークで開催された「Ethereal Summit」の基調講演でノボグラッツ氏は、「投機家はユースケースを持たないアルトコインには用心深くあるべきだ」と述べ、仮想通貨エコシステムを周期表に例えました。「ただ1つ、ゴールドだけが価値を蓄えています。」

仮想通貨の2番目の主要なユースケースは「支払い」です。そして勝者は未定です。ノボグラッツ氏は、中国では人口の95%が自分たちの携帯を使って支払っていると指摘しました。欧米ではほとんど行われていません。彼は、テレグラムとフェイスブックを巨大な存在として指摘し、それは変化する可能性が高いと述べました。

3番目の主要なユースケースが、「Web3.0」です。彼によると、Web3.0は有意義で、ソウル・クレンジング(非利己的)で、“世界を救う革命的な”概念です。Web 3.0を作成すると、そのプロセスは何十億ものトランザクションを生み、それ自体は素晴らしい事です。しかし、その処理エンジンがお金にならない限り、仮想通貨が圧倒的な評価額に到達することは無い。また、それが起こるという確信も無いと、ノボグラッツ氏は語りました。

仮想通貨のコミュニティ

イーサリアムはこの分野の先駆者ですが、既にプログラム可能なブロックチェーンが競争しています。(イーサリアムの共同創設者ジョセフ・ルービンの、プリンストン大学の同級生でもある)ノボグラッツ氏はイーサリアムのファンだが、コスモス、Dfinity、そしてPolkaDotとの大きな競争があると指摘しました。そして、少なくとも5年はWeb 3.0の勝敗が付かないと推測しました。

「イーサリアムには良いロードマップがあります。人々がそれに従うことを願います。しかし、それが大きな評価を得るためには、お金と見なされるべきです。」

「イーサリアムは勝たなければならず、実際に使われる必要があるだろう。」とノボグラッツ氏は語る。「イーサリアムの朗報は、先を行くことです。この市場で勝つためには、コミュニティを持っていなければなりません。コミュニティとは起業家、開発者、コーダーです。長い目で見れば、それはユーザーです。イーサリアムがこの会場で最も多くの人々を抱えている。」と宣言しました。

ノボグラッツ氏はさらに、ライトコインのような他のトークンは弱いコミュニティで構成されていると指摘しました;

「ライトコインは投機家、プロモーター、およびポンプ業者のコミュニティです。ライトコイン・ブロックチェーンの上に何かを構築する人はいません。私にはライトコインには未来は見えない。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る