COIN TOKYO

¥1,135,075
BTC -0.51%
¥20,922
ETH -0.75%
¥29.17
XRP -0.82%
¥33,859
BCH -0.37%
  • 2019/05/13
  • 2019/05/13
  • コイン東京編集部

カルダノ(ADA)がモンゴルのブロックチェーン協会と覚書を締結│偽造医薬品の追跡に関して政府と協議

このエントリーをはてなブックマークに追加
カルダノ(ADA)コミュニティは、開発組織IOHKがモンゴルのブロックチェーンテクノロジ(Mongolian Blockchain Technology)と覚書(MoU)を締結した事を発表しました。両者は、発展途上国でブロックチェーンの採用を推進するために協力します。
 
モンゴルで開催された会議「フロンティア・ブロックチェーン・サミット」で発表された契約には、他の団体も参加します。暗号通貨協会とモンゴル・フィンテック協会もまた、カルダノによるブロックチェーン技術の国内展開がモンゴルを活性化する事を期待しています。


政府と偽造医薬品の追跡で協議

この日のプログラムはモンゴルのダムディン・ツォグトバータル外務大臣によって開会されました。

2018年9月以来、IOHKのチャールズ・ホスキンソンCEOは、国の公共部門および民間部門にブロックチェーン技術を導入するための非公開会議のために、ダムディン氏と連絡を取り合ってきたという。

5日にホスキンソン氏は、モンゴルで大臣と定例会議を開く計画をYoutube動画で明かしました。

「私達は減速どころか、加速しています。今、モンゴルにいます。休暇のためではない。私たちは大臣とミーティングをしています。そしておそらく私たちは大統領と面会するだろう。」

同氏は、最近のモンゴル当局との会合で、偽造医薬品のような問題についての話題が指摘されたと語った;

「モンゴルでは医薬品の18%が偽造・混成されており、農村地域では40%が偽造・混成されている問題がある。それで、どのようにして製薬会社の信頼に足るトレーサビリティ・プログラムを設置できるだろうか。我々は、この国の人々の93%がモバイルバンキングを利用でき、30%が政府からの支出を受けているという事実について話しています。」

製薬業界におけるサプライチェーンのセキュリティの欠如は、依然としてモンゴルの長期的な悩みの種です。最近モンゴルは、英国を拠点とする医薬品サプライチェーンのセキュリティ会社であるFarmaTrustと提携しました。ブロックチェーンの追跡プロジェクトにより、国内の偽造医薬品の問題を軽減しようと試みています。

覚書の背後にある実際の取引はまだ正式に明かされていません。ホスキンソン氏は、以下のように付け加えました;

「我々は、アジア開発銀行が様々なプロジェクトに数億ドルもの資金を投入しており、監査追跡がモンゴルではあまり上手くいっていないという事実について話しています。これは現実の複雑な状況であり、ブロックチェーンはそのソシューションの一つとして登場します。1つソリューションが得られれば、数十万人の新規ユーザーを仮想通貨エコシステムに取り込むことができます。」

IOHKは先月、エチオピア政府の代表者と覚書(MoU)を締結しました。カルダノは技術革新省と共同で、エチオピアの首都アディスアベバに安全で信頼できる支払い手段を提供するために、新しい仮想通貨を開発することを計画しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る