COIN TOKYO

¥873,026
BTC +0.01%
¥27,263
ETH -0.03%
¥41.86
XRP +0.00%
¥44,044
BCH -0.43%
  • 2019/05/14
  • コイン東京編集部

非相関資産?米中対立で金融市場が下落する中、ビットコインは独歩高に

このエントリーをはてなブックマークに追加
13日、米中貿易摩擦が拡大する中、中国は米国からの約600億ドル(約6兆5000億円)相当の輸入品の関税を、6月1日付けで25%に引き上げると発表した。これを受けてNYダウ平均株価と米国株式市場は月曜日に急落した。

一方でビットコイン(BTC)は、10カ月ぶりに8000ドルを越えており、貿易戦争の影響を受けにくい、無相関資産としての地位を強調しました。

中国が関税合戦で米国に報復

ダウ平均株価は13日に急落 出典:YahooFinance

13日、ウォール街の主要指数はすべて、大きな損失に向かい、2019年で最高水準のボラティリティを観測しました。ダウ平均株価は617.38ポイント(2.4%)下落して25,324.99ドルとなりました。ブルーチップ銘柄(米国株式市場で取引される優良株式銘柄)は1日の早い時期に722ポイントも低下しました。

cnbc.com/2019/05/13/these-are-the-biggest-dow-losers-since-the-trade-war-escalated.html

S&P 500指数は2.4%減の2,811.87ドル、11の主要セクターのうち9つが損失を報告しています。そのうち、6セクターが2%以上減少しました。情報技術が最大となる3.6%以上下落しました。ハイテク株の大幅な下落はナスダック総合指数を大きく上回り、7,647.02ドルと3.34%下落しました。

CBOEボラティリティ指数「VIX」は、32%急上昇し、21.32のピークに達しました。終値ベースでは1月22日以来、4カ月ぶりに警戒水準である20を上回りました。

中国がさらに600億ドル相当の米国の輸入品に対する追加関税を発表した後、月曜日に世界市場から1兆ドル以上が流出しました。米国が5月10日付で対中関税を引き上げたことに対抗した措置でした。

中国は現状5~10%としている5,140種類の米国製品の輸入関税を6月1日付けで引上げます。25%の関税対象は畜産物、冷凍果実・野菜、調味料など。また化学品、ウオッカなどは20%に引き上げられます。

米中の交渉担当者は9~10日に協議を重ねました。交渉の行き詰まりを受けて、ドナルド・トランプ米大統領は2000億ドル(約22兆円)相当の中国産品に対する関税を10%から25%に引き上げることを決めました。

ビットコインは劇的に上昇

13日、ビットコインが昨年夏以来初めて8,000ドル(88万円)に到達して、仮想通貨市場は活況となっています。

CoinMarketCapによると、ビットコイン(BTC)は1BTC=8,047.41ドルのピークに達し、最大15%増加しました。仮想通貨市場全体の時価総額は2400億ドル(26兆6800億円)に16.5%拡大しました。

ビットコインの仮想通貨市場の占有率は2ヶ月間に徐々に上昇しています。13日に、2017年10月以来の最高水準である60%を超えてピークに達しました。直近のビットコインの上昇は、機関投資家を惹き付けています。

13日、CME(シカゴ・マーカンタイル・取引所)グループでは、ビットコイン先物契約数が33700枚の新記録を樹立しました。1契約あたり5BTCであるため、換算すると10億ドル以上の想定元本が取引されました。これまでの記録、4月4日の22500枚と2月19日の18300枚を50%以上更新しました。

この日のCMEビットコイン先物取引額は、Binanceのビットコイン取引量の2倍、Coinbaseの3倍でした。

CMEビットコイン先物取引額推移 出典:The Block

また、グレイスケールの信託商品「GBTC」に追加された資金流入量が史上最高値に達し、機関投資家の需要が高まっていることを示唆しています。10日にGBTCの運用資産(AUM)は、10ヶ月ぶりの最高値14.2億ドルに達しました。

投資家や市場ストラテジストが大きな反動を警告していますが、FOMO(取り残される事への恐れ)が市場を包み、2017年の強気相場以来のパニック買いの一因となっている様です。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る