COIN TOKYO

¥980,644
BTC +0.18%
¥29,253
ETH +0.22%
¥46.28
XRP -0.17%
¥46,335
BCH -0.26%
  • 2019/05/17
  • コイン東京編集部

Bitfinexが勝利宣言、ニューヨーク州最高裁判所が原告側に差し止め命令の訂正を命じる

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨーク州最高裁判所のジョエル・コーエン判事は、暗号資産取引所Bitfinex側の申し立てを認めました。ニューヨーク州検事総長事務所(NYOAG)による暫定差止命令について、Bitfinexは差止命令の内容と時間的範囲を変更するよう求めていました。

暫定差し止め命令を調整すべき

16日付けの裁判所発行の文書によると、Bitfinexとその関連企業のTetherの商業活動に影響を与えないよう、差止命令は範囲を縮小するように修正されるべきだと述べています。コーエン判事は以下のように記しています:

「……裁判所は、暫定差し止め命令が、OAGの正当な法執行機関としての懸念を反映し、被告の正当な事業活動を不必要に妨げない形で調整されるべきだと判断した。」

NYAGによる暫定差し止め命令は90日間の期限があり、NYAGは期限の14日前までに延長を申請できます。

一方で裁判所はBitfinex側に、ローンと与信枠に関する情報を引き渡すよう要求している。さらに、TetherからBitfinexを含む他の関係者に資産を貸したり、準備金を分配する事を禁じた。

16日にBitfinexは裁判所の決定についてブログで勝利宣言を表明しました;

「この命令は、ニューヨーク州司法長官室に対する我々の事業の進行中の防衛における勝利です。」

先月NYOAGは、Bitfinexが差し押さえられた顧客資金8億5000万ドルをカバーするために姉妹会社Tetherの準備金6億2500万ドルを流用したと訴追しました。これに応じた裁判所は4月25日に暫定差止命令を下しました。命令はBitfinexに対し、指摘された一連の契約についての文書開示、テザー関連の資金の混合の中止、Tether関連業務の中止、そしてTetherから追加のクレジットの引き出しを禁じました。

一方、BitfinexとTether社は不正と詐欺を否定。今月5日に、「非常に破壊的な差止命令は顧客や市場全体に害を及ぼす。」と、ニューヨーク当局に対し命令の取り消しか修正を要求していました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る