COIN TOKYO

¥984,382
BTC +0.20%
¥29,408
ETH +0.51%
¥46.80
XRP +0.95%
¥46,522
BCH -0.03%
  • 2019/05/18
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)はテクニカル指標で支えられる値動き、ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/5/18】

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月に入り価格を大きく上昇させてきたビットコイン(BTC)は、5月17日にこれまでにない強い反落を見せました。下落後のビットコイン(BTC)はテクニカル指標で支えられる値動きを見せており、徐々に上値を切り上げる値動きを見せています。ビットコイン(BTC)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

一目均衡表の雲に支えられたビットコイン(BTC)は今後緩やかな上昇を見せるのか?

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。5月14日以降、91万5千円台に二度に渡り接触を見せたビットコイン(BTC)はダブルトップの形を経て価格を大きく下げる値動きを見せました。下落後のビットコイン(BTC)は一時73万5千円台まで下値を落とすも、強い反発も確認され、節目である80万円台近辺で値動きを落ち着かせています。

本日5月18日までにビットコイン(BTC)は一目均衡表の雲を下支えにした値動きが続いており、上値・下値ともに徐々に切り上げる値動きへ切り替わっていることがわかります。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

今後注目するポイントとして、まずは現在サポートラインとして機能している一目均衡表の雲に沿って上値を切り上げる値動きを続けるのか注目しましょう。今後も一目均衡表の雲に沿った値動きを見せる場合、ビットコイン(BTC)は再び上昇チャートを形成する形となります。

しかし上昇チャートを形成するパターンになった場合も警戒するポイントが必要です。5月以降、急激な上昇チャートを形成してきたビットコイン(BTC)はチャート上にてこれまで二つの山を形成してきました。そのため現在のビットコイン(BTC)は下降シグナルの一つであるhead and shoulderのパターンを京成する可能性が発生しています。

今後head and shoulderを完全に否定するためには直近の上値である91万5千円台まで上値を伸ばすか、仮に反落した場合も73万5千円台を下回る値動きを見せなければ下降シグナルの否定という形となります。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後も一目均衡表の雲に沿った形を見せる場合、明日5月19日には84万5千円台まで下値を切り上げる形が見られる可能性があります。仮に一目均衡表を下回る場合、ビットコイン(BTC)は一つの下降トレンド転換シグナルを出現させることになり、更に大きな下落を見せる可能性があります。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

明日5月19日までには84万5千円台を目標に上昇チャートを形成していきたいところです。現在の価格帯から下値を切り下げ、一目均衡表雲を割る場合は5月17日に付けた下値、75万5千円台まで意識しましょう。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る