COIN TOKYO

¥1,086,535
BTC -0.27%
¥20,201
ETH -0.39%
¥28.69
XRP -0.31%
¥32,802
BCH -0.94%
  • 2019/05/19
  • 2019/05/19
  • コイン東京編集部

不動産テックのZWEISPACEがブロックチェーン・AI技術を活用した地震被害予測システムを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
18日、不動産テックの株式会社ZWEISPACE JAPAN(ツバイスペース)は、地震データの改ざんをブロックチェーンで防ぎつつ、AI技術を用いて地盤調査を含めた地震被害のシミュレーションを可能にするシステムの特許を取得し、商用サービスの開発に着手したことを発表しました。

ブロックチェーン活用の包括的地震対策システム

ツバイスペースが取得した特許は、IoTセンサーにより、詳細な地震データを国のシステムよりもローコストで取得し、AI技術を用いることで高速で精細な予測を行い、ブロックチェーンを活用し改ざん防止を行うというシステムについてとなります。

ツバイスペースはこれまでにもブロックチェーンを活用した不動産売買システムの提供やロボット建築士兼鑑定士「オートカルク」等、AI、ブロックチェーンに代表される最先端技術を用いた新たなサービスを発表、展開しており、今回は新たに包括的地震対策システムを開発。

具体的な特許の内容やシステムの詳細については後日改めて発表するとしています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る