COIN TOKYO

  • 2019/05/20
  • 2019/05/20
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)で再度CME先物の「価格ギャップ」が発生、7,200ドルがサポートか

このエントリーをはてなブックマークに追加
週末にビットコイン(BTC)の価格は調整レンジを抜け出し、約11%上昇して週の終値8,000ドル(880,000円)を上回りました。20日9時に最大1BTC=8200ドルに達し、昼の時点に再び8000ドル台を推移しています。

ビットコイン(BTC)の週末の動きは、米国の先物市場CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)に1つの価格上昇ギャップを作りました。

これらのギャップは歴史上、90%の割合で埋め戻される可能性があると伝えられています。つまり、ビットコイン(BTC)が最終的に調整する場合、今後7週間で7,000ドルが重要なサポート線になる可能性があります。

CMEビットコイン先物の価格ギャップ 出典:@Josh_Rager

先物取引との価格ギャップ

@CanteringClarkによると、ビットコイン先物の価格ギャップの埋め戻しは、需給の不均衡、またはトレーダーの感情に大きな変化を示している。一般的に、ギャップが大きいほど継続期間は長くなるも、最終的に埋め戻される傾向にあるという。背後にはトレーダーの生存バイアスがあり、平均値へ回帰するよう作用する(とされる)。

しかし例外もある。大きなトレンド変化の初めに発生する価格ギャップ、新しい強気相場サイクルの初期に発生するギャップは、埋め戻しが起きないケースがある。「大ボリュームの強気(弱気)シフトを示す場合」とCanteringClarkは付け加えた。

価格ギャップは90%埋め戻されるというアノマリー 出典:トレーディングビュー

7200ドルのサポート

17日の6200ドルへのフラッシュクラッシュは、前週の価格ギャップを埋め戻しました。しかし週末の上昇によりCME先物がBTC=8,075ドルでスタートしたため、価格ギャップを再び開きました。

CanteringClarkの同僚である@Josh_Ragerは、900ドルの価格ギャップが埋め戻される可能性があるが、今回は必ずしも発生しないと考えています。


Joshによれば、現在のビットコインの価格行動はかなり強気です。1つの根拠は6200ドルへの価格ギャップの埋め戻しを終えた事。もう一つは、毎週の取引高の増加です。彼は、9,600ドル(1,056,000円)へ向けた上昇傾向が続く可能性が高いと結論付けました;

「日足と週足のサポートが7200ドルと7300ドル(803,000円)の間で機能しており、ビットコインが上昇前にこの価格帯を下回ることはないだろう。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る