COIN TOKYO

¥1,059,212
BTC -0.10%
¥22,241
ETH -0.45%
¥30.09
XRP +0.04%
¥32,825
BCH +0.04%
  • 2019/05/24
  • 2019/05/24
  • コイン東京編集部

米FINRAがグレースケール社「イーサリアム信託」の一般投資家向け販売を承認

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の暗号資産運用会社グレイスケール・インベストメンツの「イーサリアム・トラスト(Grayscale Ethereum Trust:ETHE)」は、まもなく個人投資家が店頭市場で取引可能になります。

23日にグレイスケールは、米国証券市場の自主規制組織FINRA(金融取引業規制機構)から、イーサリアムトラストの公定相場の承認を得た事を発表しました。これは個人投資家がイーサリアム価格へのエクスポージャーを得られる最初の信託商品となります。

仮想通貨への投資手段の拡大

今後、「Grayscale Ethereum Trust(ETHE)」は店頭市場で自由に取引できるようになります。2週間以内に店頭マーケット「OTC Markets(OTCQX / OTCQB)」で取引が開始されます。OTCQXは、ナスダックやNYSE MKT証券取引所への上場準備市場と位置付けられています。

グレイスケールの広報担当者メリッサ・アロルド氏は、「あらゆる種類の投資家が、イーサリアムの購入、保管、安全維持の手間を取らずに、イーサリアムの価格変動のエクスポージャーを得る事ができます。」とコインデスクに述べました。

グレイスケールは、2017年12月にイーサリアム・トラスト(ETHE)を発売しました。これまでは適格投資家にのみ公開されており、最低25,000ドルの投資が必要でした。グレイスケールのマネージングディレクター、マイケル・ゾネンシン氏によると、ETHEの直近のAUM(運用資産)は1250万ドル(約14億円)です。今後、一般的な投資家も、イーサリアムに結び付けられた信託を所有・取引できるようになります。

なお、グレイスケールの信託商品はETF(上場投資信託)とは異なります。オープンエンド型ファンドとして運用されるETHEの証券は、一口あたりイーサリアムの約1/10の価値に相当します。

同社は、すでにビットコインとイーサリアム・クラシックの信託で流通市場での取引の承認を受けています。これらの信託は、投資家がIRA(年金口座)、401K、または証券口座のファンドで保有する資格があります。

出典:Diar

2018年12月時点に分析機関Diarは、「Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)」が背後でBTC供給量の1%(20万BTC)を保持している事を伝えました。Glayscaleの資産は、スイスのカストディアンXapo, Incにて保管されています。

グレイスケールは最近、米国の投資家向けにビットコイン投資を勧めるマーケティングキャンペーンを開始しました。ポートフォリオを見直し、ゴールドからデジタル・ゴールドへの再配分を促しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る