COIN TOKYO

¥1,087,992
BTC -0.25%
¥20,283
ETH -0.06%
¥28.80
XRP +0.00%
¥33,135
BCH +0.10%
  • 2019/05/29
  • 2019/05/29
  • コイン東京編集部

日商エレクトロニクスとカウラ株式会社がブロックチェーン分野での協業を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
27日、ICT大手である日商エレクトロニクス株式会社は、「FUSION PLATFORM」「Data Wallet」等のブロックチェーン製品を提供するカウラ株式会社と、ブロックチェーン分野での協業を開始することを発表しました。

協業の詳細

今回の協業の背景について日商エレクトロニクスは、IoT・AI技術などの発展により生み出されるデータの量はより膨大となり、それらのデータが流通し利活用される状況において、データ自体の真正性や非改竄性を担保することが極めて重要であるとしてブロックチェーン分野に注目。

これまで培ってきたコンサルティングやソリューション提案のノウハウをベースにカウラが保有するブロックチェーンに関するノウハウを活用し、情報管理事業を成長戦略の一つとして推進していきたいとしています。

今回の協業では

・ブロックチェーンに関するノウハウ共有、個別コンサルティングの提供
・ブロックチェーンDXラボ(仮称)の共同開発

上記2つが予定されています。

ブロックチェーンDXラボは、カウラが開発を行ったブロックチェーンプラットフォームである「Fusion」を基盤に、様々なユースケースに応える適用例を構築し、ブロックチェーン技術の活用による課題解決を体感できるでも環境を整備するとのことです。

同プロジェクトは2019年7月に設立、年内で5件の導入を予定しているそうです。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る