COIN TOKYO

¥997,378
BTC -0.07%
¥28,853
ETH -0.15%
¥46.20
XRP -0.24%
¥44,141
BCH -0.56%
  • 2019/05/30
  • 2019/05/30
  • コイン東京編集部

Ripple(リップル)社銀行責任者「週平均2~3社がサインし、200以上の金融機関が稼働中」

このエントリーをはてなブックマークに追加
国際送金スタートアップRipple(リップル)社の銀行部門グローバル責任者マリアン・デラティーヌ氏によると、週平均2〜3社の金融機関と契約を結んできたと主張しました。27日、フランスの金融メディアJournal du Netが報じました。

欧州の金融機関へのサポートを重視

インタビューでデラティーヌ氏は、欧州での顧客基盤、拡大計画、および一般的な戦略などについて語りました。

「2018年末以来、Rippleでは200を超える金融機関がプラダクション段階にあります。つまり、これらの企業が単なるPoC(概念実証)を超えたことを意味します。最初の100社がサインするまでに2年、追加の100社がサインするのに1年かかりました。平均して、週に2〜3件の金融機関がサインしています。」

デラティーヌ氏はRippleの欧州拡大戦略について、「様々なフランスの金融機関」と話し合っていると述べ、主要なメガバンクとの協調について言及しました;

「欧州の正確な顧客数は開示していませんが、スペインのサンタンデール銀行やクレディ・アグリコルのような欧州の大手銀行がネットワーク上で稼働しています。毎年の取引量が多いため、欧州は当社にとって重要な市場です。国際農業開発基金によると、世界中で1億5000万人が欧州に居住する人々からの送金を受け取っています。」

Ripple社は、ロンドンにオフィスを開設して欧州市場進出に向けて多額の投資をしています。デラティーヌ氏は同社が欧州の顧客サポートを重視していると述べました;

「当社は2016年3月にロンドンにオフィスを開設し、今日では40人の従業員を雇用しています。これは当社の欧州の心臓です。ロンドンは世界で最も重要な金融センターの1つですから、この判断は非常に明確でした。EMEAでは、ドバイにも事務所があります。私達は積極的に雇用して、欧州の顧客基盤をサポートしています。」

規制当局との対話

4月末にロンドンで開催された「グローバルサミット2019」に、Ripple社の欧州規制当局の責任者ダン・モルガン氏は、Ripple社の主なフォーカスは規制当局との対話だと語りました。
モーガン氏はまた、Ripple社と業界の両方にとって2019年は重要であり、世界標準が変わろうとしていると主張しました。同氏によると、英国は仮想通貨の受入れ準備が最も進んだ国の一つだという。

今月14日、Rippleのブラッド・ガーリングハウスCEOはスイス国立銀行会議(SNBC)で開催されたIMF(国債通貨基金)のハイレベル会議に出席。各国の中央銀行および金融当局の幹部、クリスティン・ラガルドIMF専務理事に、ブロックチェーン・ファイナンスを説きました。

ガーリングハウス氏は、従来の金融システムSWIFTの欠点を指摘し、自社のエンタープライズ向け決済ソフトウェア「xCurrent」をSWIFTのアップグレード版として強調しました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る