COIN TOKYO

¥1,059,785
BTC -0.06%
¥22,271
ETH -0.32%
¥30.12
XRP +0.17%
¥32,858
BCH +0.13%
  • 2019/05/31
  • 2019/05/31
  • コイン東京編集部

「ビットコインの不都合な真実」レポートに、開発企業ブロックストリームのCSOが反論

このエントリーをはてなブックマークに追加
31日、ブルームバーグは、「ビットコインのラリーは不都合な真実を隠している。ほとんど誰も使用していない。」と報じました。米国のブロックチェーン分析会社チェインアリシスのデータによると、2019年の最初の4ヶ月において、マーチャントの取引はわずか1.3%。過去2年間の好不況に関して、ほとんど変化はなかったという。

「ビットコインのトランザクションは大半が投機」

「AT&Tなどの大手企業は現在、顧客向けに仮想通貨の支払い機能を提供していますが、資産の価値が数週間でさらに50%上昇する期待があるのに、通信サービスに支払いたいと考える投資家はほとんどいません。それは仮想通貨の主要なジレンマです。ビットコインは、お金に代わる有用な手段として大衆を引き付けるための誇大宣伝を要する一方、支払いではなく蓄積を主張する“ガチホ(HODL)”の文化を発展させました。」

レポートは、2019年1月から4月のビットコインのトランザクションの傾向を分類しました。仮想通貨取引所のトレーディングは、今年の1月から4月までのビットコインの全活動の89.7%を占め、昨年の91.9%とほぼ同水準です。

チェインアリシスの上級エコノミスト、キム・グラウア氏によると、ビットコインの最大のユースケースは依然として投機であり、主流の採用は「まだ現実ではない」という。

ブルームバーグは、「BTCがストアオブバリュー(価値の保存)ではなく、日々のミディアムオブエクスチェンジ(交換媒体)として使用される」というサトシナカモトのビジョンからかけ離れていると指摘しました。

ビットコインはすでに実行可能なお金の代替手段


一方ツイッターでは、ビットコインの最大の開発企業ブロックストリームのサムソン・モウCSOがこの記事を痛烈に批判しました;

「この記事にはビットコインについて多くの間違いがある。『世界で最大の仮想通貨を投機以外に使用している人はほとんどいない』と言うが、ゴールドや不動産の購入と同様にストアオブバリューは一つの使用法だ。使用法をペイメントに制限したいのなら、それをはっきり示すべきだ。」

「確かに投機はあるが、その大部分は本質的に価値を保存するための財産のHODLingだ。また、ビットコインの供給量は1日1,800コインずつインフレしている。仮に8,000ドルで計算すると、毎日1440万ドル(約16億円)がビットコインに保存されていることを示している。」

「ビットコインは、すでに実行可能なお金の代替手段だ。(通信サービスの決済に現金を使用する事について)それは合理的な人々が最初にフィアットを使うことを好むことを意味する。」

サムソン・モウ氏はまた、“サトシナカモトが、日々の取引でビットコインが使用されることを想定した”というブルームバーグの記述について「根拠がない」と否定。ビットコインは「常に進化している1つのハイテクイノベーションにおけるゴールド、不動産、キャッシュ、およびペイメントのようなもの」と結論付けました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る