COIN TOKYO

¥996,135
BTC -0.05%
¥28,922
ETH +0.31%
¥46.28
XRP +0.23%
¥44,159
BCH +0.03%
  • 2019/06/03
  • 2019/06/03
  • コイン東京編集部

元Ripple (リップル)社CTOトーマス氏、過去の大量のビットコイン紛失を認める

このエントリーをはてなブックマークに追加
元Ripple (リップル)社CTOのステファン・トーマス氏は、ILP(インターレジャープロトコル)を称賛しました。AMA(質問会)でトーマス氏は、初期ビットコインの開発に2年間参加し、2012年にRippleに加わったと述べました。

トーマス氏は当時、メインストリームでの採用を実現したいと期待する一方で、ビットコイン(BTC)ブロックチェーンの本質的な限界に直面したという。その後Ripple社で、ビットコインよりも遥かに優れた新バージョンの分散型台帳技術を作成しました;

「Rippleにいた期間、私達はビットコインより200倍速く、1,000倍安く、そしてはるかにエネルギー効率の優れたブロックチェーンを構築しました。」

元リップルCTOのBTCの紛失


Ripple社の現CTOデビット・シュワルツ氏は、最近、トーマス氏が過去に大量のビットコインを紛失した事を暴露しました。

これに対してトーマス氏は、合計7,002 BTC(約65億円;時価)を失った事を認めました。これは彼が「BitcoinJS」の名で制作した動画で獲得した賞金でした。しかし、秘密鍵を無くしたため、回復の見込みはほとんどないという。

トーマス氏は、ビットコインの初期の支持者の一人でした。一方で、ビットコインに出来ないこと、ブロックチェーンの問題をリップル(XRP)が解決できることを、これまで積極的に説いてきました。

トーマス氏によると、ビットコインのペイメント・プロトコルにはいくつかの課題があります。重大な欠点として、取引の遅延、エネルギー使用量、および地理的な集中化を挙げました。これらはXRPが、ILP(インターレジャー・プロトコル)を使って解決できる問題だと主張します。トーマス氏は、2015年にRippleでILPの設計を支援しました。

Ripple社のILP技術は相互運用性の鍵

ILPについて、トーマス氏のブログでXPringのリードエンジニア、エバン・シュワルツ氏は、以下のように説明しています;

「このイノベーションはブロックチェーンの中立問題を解決するために生まれました。異なるブロックチェーンプラットフォーム間の相互運用性の欠如は、仮想通貨だけでなく、PayPal、Apple、またはVisaなどの他のペイメント・ゲートウェイの自由な動きを制限します。」

インターレジャーは、企業や通貨に関係なく、価値を送信するためのユニバーサルネットワークを目指しています。インターレジャーのコアプロトコルは2017年に完成し、その後、仮想通貨をプラットフォーム間でトラストレスに送金するために使用されようとしています。

インターレジャー・コネクタを介して、ユーザーは慣れたネットワークで取引でき、自分の資産を取引所や特定のブロックチェーンに移す必要がなくなります。


トーマス氏のプラットフォーム「Coil」はXRPレジャー上で動作し、インターレジャー取引の決済にも対応します。Webサイト収益化プラットフォームCoilは、5月初めに正式に開設しました。Coilは、コンテンツクリエイターがリップル(XRP)を稼げるように設計されていますが、今後、さらに複数の仮想通貨もサポートする予定です。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る