COIN TOKYO

¥789,480
BTC +0.06%
¥15,825
ETH +0.31%
¥24.08
XRP +0.02%
¥22,652
BCH +0.15%
  • 2019/06/06
  • 2019/06/06
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

Ripple(リップル)社がXRPマーケット・データの評価と改善に着手、Q2のXRP販売量の低減を示唆

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月3日、Ripple(リップル)社はブログで、世界中の仮想通貨取引所でのデジタル資産XRPの取引量について、不正確で過剰に膨張されたフェイクボリュームの懸念に対処しています。XRPマーケット・データの評価と改善に積極的に取り組むことで、Ripple社はXRPの価値に慎重に対処しようとしています。具体的には、同社のXRP販売プログラムによる供給量の増加が、XRPの価格に影響しないよう配慮されます。

XRP取引データの評価と改善に着手

同社は市場のXRP取引量報告データに基づいて、販売プログラムでXRPを売却してきました。しかし、市場データが需要を越えて膨張されている場合、XRPが過剰に供給される可能性があります。資産管理会社Bitwiseのレポートによると、CoinMarketCapに報告された取引量の95%がフェイクだと指摘されました。全体的な信頼性を確保するために、Ripple社は以下の3点に取り組みます;

・問題の範囲と規模を理解するために、この分野で信頼できるパートナーと積極的に協力する事
・市場データを調達するための新しいオプションや要件の見直しなど、XRPの数量報告に対する自社アプローチを再評価
・今四半期のXRP売上高について、より保守的なアプローチを取る事

Ripple社は、「2019年第3四半期には、当社のXRPの売上高は前四半期より(報告された取引量に対する割合として)かなり低下するだろう」と述べています。XRP販売プログラムの目標値は、これまでの20bpsから10bps未満に低下します。

bps(ビプス)とは、金利およびその他の財務比率の一般的な測定単位で、1ベーシスポイントは、1/100%、0.01%、0.0001に相当し、金融商品の変動率を表すために使用されます。

つまりRipple社は、1日の取引量に関してXRPを販売しすぎている可能性があるという結論に至り、最適な取引量の測定基準を確立しようとしているようです。

XRP販売プログラムが10bpsに直接的に調整されると、供給量が半減し、価格が抑制される圧力が希釈化するため、投資家にとってXRP価格の上昇が期待されます。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る