COIN TOKYO

¥1,087,992
BTC -0.25%
¥20,283
ETH -0.06%
¥28.80
XRP +0.00%
¥33,135
BCH +0.10%
  • 2019/06/08
  • 2019/06/08
  • コイン東京編集部

インドの規制法案、仮想通貨の使用に対して懲役10年など厳格な刑事罰

このエントリーをはてなブックマークに追加
7日のブルームバーグクイントによると、インド政府は仮想通貨のトレーディングを禁止する法案を提案しており、違反に対して厳しい刑事罰が科せられる可能性があるという。

仮想通貨がマネーロンダリングに悪用される可能性が高いことが考慮され、税務局や中央関税局(CBIC)など、複数の政府機関が仮想通貨の禁止を推進しています。仮想通貨取引に従事する人々に対処するための法的措置が制定されようとしています。

仮想通貨の使用に関する刑事罰

仮に「仮想通貨の規制と禁止に関するオフィシャル・デジタル通貨法案2019」が法律化される場合、インド国内における直接・間接的な仮想通貨のマイニング、発行、保有、売買が違法になる。

これらの犯罪は「無令状逮捕犯罪、かつ保釈が認められないもの」とみなされ、違反者は10年の懲役刑に加え、利益の最大3倍に至る多額の罰金を科される可能性があります。

法案によると、被告に課される罰金はシステムに起因する損失、あるいは得られた利益のいずれか高い方の3倍。損失・利益が合理的に決定できない場合は、課す事のできる最高罰金が政府から通知される可能性がある。

「起草案が法律となった場合、仮想通貨保有者は中央政府の規定に従って、その自己宣告と処分に90日間の猶予が与えられる。」

4月にエコノミックタイムズは、財務長官Subhash Chandra Gargが率いるパネルが「仮想通貨の規制と禁止に関するオフィシャル・デジタル通貨法案2019」を起草し、関連する政府部門で協議していると報じました。このパネルには、インド中央銀行の代表、インド証券取引委員会のメンバー、直接税中央委員会、およびいくつかの調査機関も含まれています。

委員会関係者によると、「仮想通貨の売買と発行を禁止することが急務。」とされている。また、マネーロンダリング防止法に基づいて、仮想通貨禁止法が課される可能性があると指摘しました。

提出された法案は、Nirmala Sitharam財務大臣が承認すると、内容が公表される予定です。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る