COIN TOKYO

¥996,133
BTC -0.05%
¥28,915
ETH +0.29%
¥46.32
XRP +0.33%
¥44,153
BCH +0.02%
  • 2019/06/12
  • 2019/06/12
  • コイン東京編集部

欧州委員会がマルタに対し、仮想通貨事業のマネーロンダリング防止ポリシーの強化を要請

このエントリーをはてなブックマークに追加
欧州委員会(EC)は、マルタに対して仮想通貨サービスの成長に併せて、マネーロンダリング防止(AML)ポリシーを強化するように要請しました。「ゲーム、金融、暗号の台頭により、経済犯罪警察は強化される必要がある。」5日にMalta Todayが報じました。

ECからマルタに対する勧告

マルタは、金融・ゲーム、および仮想通貨事業者を積極的に誘致しています。しかし、欧州委員会はマルタに対し、「これら業種の誘致には、効果的なマネーロンダリング防止策を実施する必要がある」と勧告しました。このコメントは、EU資金の支出に関して2019年の投資ニーズとボトルネックを分析した各国向けの勧告に盛り込まれました。

欧州委員会は、マルタの「財務インテリジェンス分析ユニット」における予算と人員の増加、その他の手続きが強化されたことはポジティブと評価しました。一方で、以下の様に批判しました;

「特に汚職対策におけるガバナンスの欠如は、ビジネス環境に悪影響を及ぼし、投資に悪影響を及ぼす可能性がある。特に、政府の様々なレベルで利益相反のリスクがある。...さらに、警察の経済犯罪部は現在不足している。つまり、より強化された立法枠組みとタイムリーかつ徹底した執行措置の組み合わせが重要です。」

ECはまた、「税務工作に積極的」な企業に対処するようにマルタに要請しました;

「マルタは積極的な税務工作に対策を講じています。しかし、ロイヤリティや配当支払いのGDPに対する割合は高く、マルタの税法が積極的な税務工作に取り組む企業に利用されている事を示唆しています。」

「EU居住者から第三国居住者へのアウトバウンドに対する源泉徴収税、マルタを拠点とする企業による配当、利子および使用料の支払いが無いため、これらの支払いが相手国の税金の対象とならない場合は税金逃れにつながるだろう。」

疑わしい暗号活動への対応措置

マルタは、ブロックチェーンと仮想通貨業界にとってフレンドリーな規制体制の構築に積極的に取り組んできました。マルタ政府は昨年夏に複数の法案を可決し、実際に、仮想通貨取引所バイナンスやOKCoinといった大手企業もマルタに拠点を移しました。

疑わしい暗号活動を発見するために、マルタはいくつかの措置を講じています。先月、マルタ金融サービス局(MFSA)は、消費者、投資家およびビジネスパートナーを保護するために、CipherTraceのコンプライアンス監視製品を導入しました。

CipherTraceによると、当ツールはブロックチェーン分析とフォレンジックを駆使して、疑わしいアドレスとウォレットを検出します。トランザクションのスコアとリスクレベルの測定を行うために、仮想通貨取引所、ATM、コインミキサー、マネーロンダリングシステム、および既知の犯罪アドレスをプロファイルします。

MFSAは、「CipherTraceのシステムはブロックチェーンアドレスの匿名化も解除し、暗号資産事業の信頼性を評価・監視することを可能にする」と述べていました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る