COIN TOKYO

¥1,093,459
BTC -0.09%
¥20,165
ETH +0.03%
¥28.79
XRP -0.07%
¥32,986
BCH +0.01%
  • 2019/06/12
  • 2019/06/12
  • コイン東京編集部

ソニーミュージックエンタテインメント社が音楽権利情報処理システムの基盤にAWSのAmazon Managed Blockchainを採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
11日、Amazon.com,Tnc.の関連会社であるアマゾンウェブサービスジャパン株式会社は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が、音楽権利情報処理を用意かつ効率的に行うためのシステム基盤にアマゾンウェブサービス(AWS)の、Amazon Managed Blockchainを採用することを発表しました。

権利情報管理をブロックチェーン

音楽制作の生産性向上に貢献することを目指し、クリエイターにとって重要な音楽権利情報を迅速かつセキュアに処理するために、2019年5月2日に日本で提供が開始されたAmazon Managed Blockchainを採用することを決定しました。

Amazon Managed Blockchainはフルマネージド型のブロックチェーンサービスで、中央機関なしで複数のユーザーがデータを直接処理及び所有できるサービスです。

Amazon Managed Blockchainの採用により、適切な権利処理を維持しながら生産性を向上させ、新世代のクリエイターやヒットコンテンツを生み出せる環境を作り出します。

今回の採用にあたって、ソニーミュージックグループの管理業務統括会社としてグループ全体の情報システムを推進・支援している、株式会社ソニー・ミュージックアクシス 執行役員 情報システムグループ 本部長の佐藤 亘宏氏は以下のようにコメントしました。
「SMEが、AWSを利用している理由は、絶えずサービスコストを大幅に削減しながら、高度かつ最新技術を使ったサービスと充実したサポートを提供し続けてくれているからです。SMEは以前から、クリエイターと音楽の権利情報を守りたいと考えていましたが、AWSからAmazon Managed Blockchainが提供されたことから、本システムの開発を決断いたしました。Amazon Managed Blockchainは高いセキュリティと可用性、柔軟性を兼ね備えていること、また他社と比較した場合に安価で開発できることが採用の決め手となりました」

また、SMEは2019年4月、音楽制作に携わるクリエイターの作業効率を向上させ、創作活動を支援することを目的とした、ブロックチェーン、AI技術を活用した音楽制作プラットフォーム「soundmain(サウンドメイン)」を発表しています。

このプラットフォームはソニーグループが2018年10月に発表した「ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報システム」に、音楽著作権の登録機能を追加し、音楽クリエイターの権利情報に関する作業効率を高め、複数権利者間の同意をブロックチェーン上に記録する機能や、ブロックチェーン上の記録を利用して著作権の登録を効率的に処理する機能が搭載されています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る