COIN TOKYO

¥996,589
BTC -0.15%
¥28,852
ETH -0.15%
¥46.20
XRP -0.25%
¥44,129
BCH -0.58%
  • 2019/06/12
  • 2019/06/12
  • コイン東京編集部

主要な取引所Gate.ioが米国ユーザー向けに19種類の仮想通貨取引を禁止へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
12日、取引所Gate.ioは、米国のユーザー向けに19種類の仮想通貨についてトレーディングを禁止する事を発表しました。6月30日以降、米国ユーザーは指定されたコインの入金と取引市場へのアクセスが出来なくなります。米国以外のユーザーに影響はありません。

規制の不確実性のため

Gate.ioは、「規制の不確実性」を理由に挙げました。米国のユーザーは2019年6月30日から、以下の19種類の仮想通貨の入金と取引市場にアクセスできなくなります。

アクセスが制限される仮想通貨のうち、比較的有名なコインは以下の通りです(計8種);
イオス(EOS)、リップル(XRP)、トロン(TRX)、テゾス(XTZ)、ネオ(NEO)、ネム(XEM)、オントロジー(ONT)、モネロ(XMR)。

その他以下のコインもアクセス制限対象となります(計11種);
CNYX、BTM、NAS、QTUM、GAS、BCN、WAVES、DCR、ONG、THETA、TFUEL。

6月30日以降、米国のユーザーのマーケットリストにこれらのコインは表示されなくなります。上記の資産を保有する米国のユーザーは、できるだけ早く出金するよう催促されています。

この変更は米国ユーザー限定であり、他国のユーザーは、上記のコインの取引市場にアクセスできます。

Gate.ioについて

訪問者数を加味したデータを提供するCoingeckoによると、Gate.ioは24時間取引量が9,600万ドルで市場で8番目に大規模な仮想通貨取引所です。186コイン、402市場をサポートしています。

Gate.ioは、2013年にBter.comという名で中国で設立されました。2015年にハッキング被害を受けて、7000ビットコインの損失を被っています。

2017年の中国中央銀行によるICO(イニシャル・コインオファリング)と交換所の禁止の後、Bter.comはドメインを閉鎖し、フィアット取引を廃止してGate.ioにリブランドして拠点を移しました。現在はマルタで登録されており、暗号間の交換および中国人民元の相対取引(OTC)にフォーカスしています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る