COIN TOKYO

¥996,135
BTC -0.05%
¥28,922
ETH +0.31%
¥46.28
XRP +0.23%
¥44,159
BCH +0.03%
  • 2019/06/13
  • 2019/06/13
  • コイン東京編集部

仮想通貨Liquid Coin(QASH)の今後を価格チャートから分析【2019/6/13】

このエントリーをはてなブックマークに追加
想通貨取引所LIQUID(リキッド)の運営元、QUOINE社が発行する独自の取引所トークンであるLiquid Coin (QASH)。

先日LIQUID by QUOINEから、人気メッセンジャーアプリ“Telegram”の独自仮想通貨「Gram」の販売が発表され、取引所トークンである Liquid Coin (QASH) の価格が高騰し話題となっています。

この良ファンダを受け、大きな出来高とともに価格を上昇させたQASHは現在0.15USD付近で価格を推移させており、今後のQASHの動きに注目が集まっています。

今回はLiquid Coin (QASH) の今後の動きについて価格チャートをもとに確認、分析していき、過去の事例なども交えながら考察していきます。

QASHの価格チャートは大きな出来高をつけての価格上昇!今後レジスタンスラインを突破できるかがポイント

まずは【QASH/BTC】日足チャートを見ていきます。

対BTCチャートを見ると、先日の「Gram」取扱発表を受けて価格を大きく上昇させましたが、昨年から続く白のレジスタンスラインに押さえつけられているのが分かります。

とはいえ直近では最大の出来高をつけており、今後レジスタンスライン突破に向けての動きに期待が持てそうです。

まずはこのレジスタンスを突破し、長く続いている下降トレンドから抜け出したいところです。

日足レベルでの大きなウェッジを形成しており、このままウェッジを上抜けすることができれば、その後の価格上昇に期待が持てます。

対USDチャートでの動きは?QASHは今後、昨年の水準を越えることができるか

続いて、【QASH/USD】日足チャートを確認していきます。

対USDチャートを見ると、0.055USD付近が強力なサポートとして機能しており、一旦は底を固めた形に見えます。

このまま上昇していった場合、昨年4月からの価格水準であるゾーン(黄色ボックスライン、0.2USD付近)まで戻せるかがポイントとなってくるでしょう。

意識されるであろうゾーンである分、突破することができればその後は強力なサポートとして機能される可能性が高く、さらなる上昇に期待が持てます。

過去の傾向からQASHの今後の動きを考察!HTトークンとの比較

世界有数の大手仮想通貨取引所であるHuobiの取引所トークンであるHTトークン。

Huobiでは今年3月、新たな通貨上場の発表などの良ファンダが多く、取引所トークンであるHTトークンも価格を大きく上昇させていました。

その後も価格は右肩上がりに上昇していて、LIQUID by QUOINEの今後の動きによっては、 Liquid Coin (QASH)もこのように右肩上がりに上昇していく可能性もあるので、今後の動きには注目しておきましょう。

ファンダによる価格上昇は一時的なものである事も良くあるのですが、今回のようなLiquid Coin (QASH)の需要が高まるような動きが多くなれば、HTトークンのような価格上昇に期待ができます。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る