COIN TOKYO

¥934,977
BTC +0.03%
¥24,040
ETH -0.10%
¥25.49
XRP +0.93%
¥33,658
BCH +0.00%
  • 2019/06/20
  • 2019/11/23
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

Algorand(ALGO)がトークンセールで約66億円を調達、未上場ながら評価額はイーサリアム級に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Algorand(ALGO)がトークンセールで約66億円を調達
Algorand財団によると、Algorand(アルゴランド)は、ダッチオークション形式で行われたトークンセールで6000万ドル以上(約66億円)を追加で調達しました。この資金調達は、ユニオンスクエアベンチャーやピラーベンチャーキャピタルなどから過去に調達した6,600万ドルのエクイティファンディングを上回ります。

集中管理企業と対照的なエコシステムを形成する

MIT教授やチューリング賞受賞者シルビオ・ミカリ氏に設立されたAlgorand(ALGO)は、スケーリングとユーザーの合意形成にフォーカスしたプルーフオブステーク(PoS)ベースのブロックチェーンプラットフォームです。パーミッションレスな、純粋な利害関係のない分散型ブロックチェーンとして、Algorandは「最先端の暗号化と巧みな経済モデル」を約束しています。

オークションは、Algorandのメインネットの開設と同時に行われました。このプラットフォームは、1秒あたり1,000トランザクションを待ち時間5秒未満で処理します。これはVisaやMastercardなど世界の主要な決済ネットワークのスループットと同等です。

今回のオークションでは、2500万枚のALGOトークンが1トークンあたり2.40ドルと評価されました。財団は年間6億ALGOの販売を約束しており、最初の5年間で100億ALGOを市場に放出します。つまり今回のオークションでAlgorandは時価総額240億ドルと評価されています。この価値はイーサリアム(ETH)の時価総額280億ドルに匹敵します。

Algorandの創設者シルビオ・ミカリ氏は以下のように述べています;

「Algorandエコシステムにおける私たちのフォーカスは、広く包括的な参加を促すことです。そこでは中央集権企業の集合体ではなく、グローバルなユーザーがネットワークを管理します。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る