COIN TOKYO

¥1,109,454
BTC +0.05%
¥21,495
ETH -0.01%
¥28.30
XRP -0.22%
¥33,369
BCH +0.02%
  • 2019/06/20
  • 2019/06/20
  • コイン東京編集部

"World Blockchain Forum2019"&"World Blockchain Award Asia"がシンガポールにて開催!

Press release

このエントリーをはてなブックマークに追加
World Blockchain Forum2019
"World Blockchain Forum2019"&"World Blockchain Award Asia"が、2019年6月22日〜23日にシンガポールのマリーナベイサンズで開催されます。
フェイスブックに代表されるIT大企業や政府主導の金融機関の登場により、Blockchain 2.0が正式に登場し、業界の大手企業が自社の製品やサービスにブロックチェーンの実装を展開することはほぼ確実です。
今後10年ほどでブロックチェーンはどのように進化するのでしょうか。企業や政府はどのようにRegTechを導入していくのか。デジタルファイナンスの未来はどうなっていくのか。アジア太平洋地域は、この新しいデジタル情報時代にもたらされたチャンスをどのように利用するのか。------これらの質問は、特定のトピックに分類され、WBF World Blockchain Forum Singaporeで議論されます。会議が私たちにもたらすものを一目見てみましょう。

ブロックチェーン・フィンテックの専門家が集結

WBFがライオンシティのアジアのいくつかのトップマインドと相関してから1年が経ちました。WBFがアジア太平洋地域をターゲットにした背後にある理由は、その地域の人口と経済の両方の急速な発展によるものです。アジア太平洋地域が世界経済において、ますます重要性を増していることは明らかであり、投資家は、特にデジタル金融の実施に関して、この地域の本当の可能性の表面しか見えていないと考えています。

WBFシンガポールは、シンガポール、日本、韓国からブロックチェーンとファイナンシャルテクノロジーの専門家や愛好家を集めます。
香港、中国本土、インドの大規模市場など、国際的な金融拠点のエリート。フィリピン、カンボジア、タイ、そして他のより多くの国のような急成長している国からの伝道者。アジア太平洋地域におけるデジタルファイナンスの可能性についての詳細な情報、洞察、および議論があるでしょう、そして最新の傾向のトピックを分析するために世界の発展途上の専門家を結び付けるでしょう。

WBFは、業界の最高峰を紹介するために、3000人以上の業界専門家、95人の著名な講演者、および110社のメディア企業を集めて、世界のトップリソースを集めます。ラインナップは単に大規模なだけでなく、誰しもが知っている評判の良いスピーカーも含まれています。

このイベントでは、政府代表、アジアの規制当局、世界の大手産業界、さまざまな地域の新興企業、関連する投資機関、および複数の著名なメディアグループなど、さまざまな分野の当局が招待を受け、業界内の知識の相関関係を刺激します。

最新の話題を徹底的に議論

2019年には、JP Morgan、Facebook、IBMが、ブロックチェーン業界への参入を発表しました。一方、Google、BlackRock、Temasek、Rothschildなどの業界大手が共同で合計800億米ドルを投資しました。ニューヨークのデジタル交換および流動性プロバイダーであるBakktは、1億8200万ドルの資金を調達しました。ブロックチェーン2.0の生成が正式に開始されたことは重要です。これは世界中のこれらすべての主要企業の展開から明らかです。

新時代を迎えて、ワールドブロックチェーンフォーラムシンガポールは、“ RegTech”と“ Digital Finance”に関する包括的かつ集中的な基調講演とパネルディスカッションを企画しています。イベントでは、20を超える基調講演と9回以上のパネルディスカッションが行われます。前述したように、イベントは政府の代表者、規制機関、投資家等、幅広い分野の専門家が参加し、トピックはさまざまな視点から徹底的に分析されます。

イベントでは「RegTechの実装」というテーマの検討に焦点が当てられます。著名な講演者は、「政府によるブロックチェーン」、「RegTech in Asia」、「Compliance & Regulations of Digital Assets in Hong Kong」など、最新のケーススタディに基づいたトピックについての独占的洞察を提供します。ディスカッションやスピーチでは、さまざまな要素を含むブロックチェーンを実際に実装することで、デジタル経済の基本的なロジック、さらには金融規制とパラダイムの概念が明らかになります。

そして、もう一つのトピックである、"デジタル金融の未来はどこにあるのでしょうか"については、「2019年のブロックチェーンの新動向」、「デジタル通貨とデジタルファイナンス」、「アジアのデジタルファイナンス」、「金融経済のデジタル化」などについての議論を引き起こすでしょう。

ブロックチェーンの革命は避けられません。 Huawei Blockchain、Corda、Ethereum、およびその他のブロックチェーンプラットフォームは、独自の開発、アプリケーション、アップグレード、およびブロックチェーンを実装している伝統的な業界の独創的な融合により、新しいテクノロジとブロックチェーンのイノベーションを統合する可能性を示しています。

未知を探求し、新たな発見をリードする

Kevin Kellyが書いた<< The Inevitability>>でブロックチェーンに関して次のような記述があります、「未来は来た、まだ普及していない」。
ブロックチェーンへの入り口、つまりデジタルファイナンスはすでにロック解除されています。業界はまだ発展途上であるという事実にもかかわらず、我々はBlockchain Era 1.0の終了を目撃しながら、技術と金融の巨人の参入がBlockchain 2.0の新時代の正式な到来をベンチマークしていました。

この世代は、テクノロジーが金融セクターに浸透し、浸透する最大のデジタル移行に直面するでしょう。私たちは伝統的な金融から金融技術への革新を見てきました。ブロックチェーンが金融インフラストラクチャを再構築している間、我々はまたデジタルファイナンスを見るでしょう。世界的なデジタルファイナンスエコシステムの中で、ウォレット、暗号通貨の交換、ステーブルコイン、デジタルバンキングおよび支払いは、誰もが心配する5つの「現象回路」となっています。政府、産業、そして企業などからの私たちの想像を超えたより多くの革新が見られるのは、不可解です。

シンガポールのイベントでは、「ブロックチェーンによる伝統産業の変革と高度化」、「ベア市場でどのようにブロックチェーンベースの企業が生き残ることができるか」などの多様なトピックが、企業や個人の目論見書で興味深い意見をいくつか公開します。 WBFは、現在の世話をし、参加しているすべての参加者の将来を発見するのに役立ちます。

"World Blockchain Forum2019"にご参加頂き、ブロックチェーンの新時代の幕開けを一目見てください。シンガポールでお会いできるのを楽しみにしています。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る