COIN TOKYO

¥864,861
BTC -0.15%
¥18,885
ETH -0.38%
¥32.14
XRP -0.47%
¥23,227
BCH -0.24%
  • 2019/06/23
  • 2019/06/23
  • コイン東京編集部 ritz

ビットコイン(BTC)に続いてリップル(XRP)、BitcoinCash(BCH)等アルトコインが動意づく

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)価格の上昇に続き主要なアルトコインも価格上昇
ビットコイン(BTC)の価格が15ヶ月ぶり​​に1万ドルを超えて急上昇しました。CoinMarketCapによると、22日にBTCは11,157ドル(約122,727円)を超えて取引された。23日昼の時点、1BTC=10,697ドル(1,147,980円)に落ち着いています。
BTCUSD価格チャートとテザー(USDT)時価総額の比較
上:BTCUSD、下:テザー(USDT)時価総額

ビットコイン(BTC)の上昇要因の一つに、テザー(USDT)の時価総額増加が指摘されています。中国では、仮想通貨にアクセスする際、店頭市場でキャッシュをテザーに交換します。

また、FATF(金融活動作業部会)の勧告の採択に伴って、インド、イラン等で駆け込み需要が発生し、プレミアムが生じているとも報告されている。21日にFATFは、仮想通貨取引所を始めとしたVASP(仮想資産サービスプロバイダー)で本人確認が強化され、資金の流れを追跡しやすくする方針を示しました。

さらに、USDT 以外にも多くのステーブルコイン(TUSD 、USDC 、USDS)が仮想通貨取引所に送金されている。BTC価格が10,000ドルを越えた事をきっかけにFOMO(取り残される事の恐れ)が発生しているのかもしれません。


主要なアルトコインが上昇

ビットコイン(BTC)ドミナンスとアルトコイン変動率を比較
上:BTCドミナンス、下:アルトコイン変動率

市場全体の時価総額は35兆円を越えています。22日にBTCの市場占有率は62.5%を越えた付近で反落し、現在、61%前後に下降しています。

22日夜、BTCドミナンスの反落に伴って、ネオ(NEO)が20%急上昇。同時間帯に、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)等、時価総額の大きいアルトコインが10%以上急上昇しました。

XRPとNEOについて、5月初旬にも同様の動きを示していた。ビットコインは、市場ドミナンスが60%を上回った水準で反落。この期間にXRPとBCHは対BTCで20%回復しました。

23日午後、リップル(XRP)は51.63円前日比6.1%高、ビットコインキャッシュ(BCH)は52,557円前日比9.65%高、ネオ(NEO)は1958円前日比25.2%で推移しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る