COIN TOKYO

¥1,102,331
BTC +0.52%
¥23,607
ETH +0.57%
¥34.17
XRP +0.39%
¥33,003
BCH +0.08%
  • 2019/06/23
  • 2019/06/23
  • コイン東京編集部

インドの仮想通貨取引所Bitbnsでビットコイン(BTC)価格に600ドルのプレミアム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bitbnsでビットコイン(BTC)価格に600ドルのプレミアムが発生
インドで数少ない仮想通貨取引所Bitbnsで、ビットコイン(BTC)価格に600ドルのプレミアム(価格乖離)が生じています。23日午後、米コインベースで1BTC=10740ドルで取引される一方、Bitbnsで789,998ルピー(=11,340ドル相当)で取引されています。これは、インドでのビットコイン購入が非常に困難な状況を示唆しています。
bitBnsのBTCINR取引価格、6月23日

インドで仮想通貨違法化の傾向

22日、自称インドの投資家modgillはソーシャル掲示板Redditに、「クリプト(取引所)へのすべての国際取引は、政府によってブロックされている。」と投稿しました。

“インドの仮想通貨取引所では、フィアット(インドルピー)の取り扱いが禁じられています。銀行は私に、仮想通貨を購入しないよう警告するメールを送ってきた。私の2つの銀行口座が閉鎖され、残高確認書が自宅に送られました。”

“国内の複数のオンラインP2Pシステムは完全に閉鎖した。多くの人がペーパーウォレット、ハードウェアウォレット、または海外の取引所へ仮想通貨を移したので、顕在的なバイヤーが存在しないからです。”

“政府は、仮想通貨を破棄するか刑務所に行くか選ぶよう人々に問い続けています。経済相は仮想通貨を買うことは外貨を偽造する事とさえ言った。ある法案は7月7日に提示される予定です。そこでは、仮想通貨の購入、保持、または採掘が、保釈の認められない犯罪として、10年の懲役刑に加えて罰金を科される刑事罪として盛り込まれています。”

今月7日のインド版ブルームバーグによると、インド政府は仮想通貨のトレーディングを禁止する法案を提案しており、違反に対して厳しい刑事罰が科せられる可能性があるという。仮に「仮想通貨の規制と禁止に関するオフィシャル・デジタル通貨法案2019」が法律化される場合、インド国内における直接・間接的な仮想通貨のマイニング、発行、保有、売買が違法になる。

政府による抑圧

INR/USD価格変動率

INR(インドルピー)の米ドルに対する価値が下落し続ける中で、インド政府は資本規制を強化しているようです。インドルピーの騰勢率はマイナス2ケタ、今やインドルピーは、アルゼンチンやトルコと並んで、最弱通貨に挙げられています。

1~3月の実質経済成長率は5.8%と4半期連続で低下。国内経済を刺激するため、インド準備銀行(中央銀行)は今月初めの政策決定会合で、政策金利を0.25%下げて年5.75%とすることを決めた。5%台は2010年以来9年ぶりとなる。

4月のロイター通信によると、ここ数カ月で掲示板Reddit、メッセージングサービスTelegram、コメディーサイトCollege Humorなどのサイトが断続的にブロックされています。インドロイターがCollegeHumor.comにアクセスしようとすると、「要求されたURLはインド政府の電気通信局からの指示に従ってブロックされました」というメッセージが表示されたという。決済サービスPayPalへのアクセスも同様です。あるRedditユーザーは、シティバンク・インドがPayPalの支払いをブロックしていると報告しました。

仮想通貨取引所バイナンスのジャオ・チャンポンCEOは、インドの規制が人々をプライバシーコイン(追跡が困難な仮想通貨)に向かわせるだろうと指摘しました。





関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る