COIN TOKYO

¥1,035,143
BTC +0.32%
¥21,791
ETH +0.35%
¥32.22
XRP -0.15%
¥31,223
BCH +1.14%
  • 2019/06/25
  • 2019/06/25
  • コイン東京編集部

FATF勧告の影響、韓国で200の仮想通貨取引所が閉鎖の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加
金融活動作業部会(FATF)が最近採択した仮想通貨の規制に関する勧告に伴って、韓国では200近くもの小規模な仮想通貨取引所が閉鎖の危機に直面している。こうした企業は、韓国の金融機関に発行された"ネームアカウント"と呼ばれる「KYC(顧客確認)」規制を遵守していない。24日にビジネスコリアが伝えた。

Bithumb、UPbit、Coinone、Korbit以外の取引所への影響

FATFのガイドラインに従って、仮想通貨取引所は銀行レベルの反マネーロンダリングシステムを確立する必要がある。業界の専門家は、FATFの決定は非常に非現実的で非生産的と指摘していますが、G7およびG20の多くの国はFATFの勧告に従う可能性があります。そのため、企業が内部管理システムを実装していない場合、韓国の200もの仮想通貨取引所がサービスを閉鎖するよう圧力をかけられる可能性があります。

ビジネスコリアは次のように報告しています。

「最近、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、FATFの勧告から取引所の管理と監督計画を積極的に実施することに合意したため、韓国の仮想通貨取引所もFATFの勧告の影響を受けると予想されています。」

金融サービス委員会(FSC)と韓国の金融規制当局は、今年後半に金融取引情報法の改正を計画している。主に仮想通貨取引所を対象とした既存の仮想通貨法に追加の要件を設置しており、特に、実名アカウントを使用しない事業者を拒否する罰則規定を設けています。

「法案が成立した場合、Bithumb、UPbit、Coinone、Korbit以外は未登録の取引所と定義され、規制に準拠していない取引所は最大5年間の懲役刑および42,975ドルの罰金に直面する可能性がある」

これは、多くの取引所の閉鎖につながる可能性があります。新しいポリシーに完全に準拠するために、セキュリティ専門家や内部管理チームを整備する等、仮想通貨取引所にとって新しい資本を調達する必要もあるだろう。

危機感を感じた国内の仮想通貨取引所は、集団的アクションを計画しています。自主規制組織、韓国ブロックチェーン協会(KBA)は、今月末に日本の大阪で開催されるG20サミットで、FATFの勧告が過度であると言う声明を送る予定だという。KBAのチョン・ハジン委員長は、韓国の仮想通貨取引市場の可能性は限られていると述べた;

「(仮想通貨に関する)メッセージがG20サミットで発信されれば、世界中の政府が仮想通貨規制の作成に取り組みます。韓国は仮想通貨市場の中心にありましたが、政府が市場を軽視したために急落したのは残念です。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る