COIN TOKYO

¥1,036,046
BTC +0.30%
¥21,847
ETH +0.47%
¥32.26
XRP -0.06%
¥31,640
BCH +2.42%
  • 2019/06/26
  • 2019/06/26
  • コイン東京編集部

ラテンアメリカでRipple(リップル)技術拡大の可能性、2つの銀行がそれぞれ国際送金技術を試験

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップル(Ripple)の技術がラテンアメリカで拡大
ラテンアメリカの銀行Banesco Panama(パナマ)とScotiabank Chile(チリ)は、Ripple社のブロックチェーン技術のテスト段階に入り、クロスボーダー決済を改善するために概念実証を実行しているという。今月17日にiupanaが伝えました。

パナマBanescoがXcurrentをテスト

Banescoの概念実証では、「Xcurrent」を使って送金しました。Banescoは当初、グループ内の銀行間でのみRippleNetを用いた転送を目指しています。Banescoは、グループ内銀行間の金利と為替レートの国境間取引での利用を想定しています。

BanescoPanamáのイノベーションと送金担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのロドリゴ・ゴンザレス氏によると、同行は、ドミニカ共和国、パナマ、ポルトガル、プエルトリコ、スペイン、ベネズエラを網羅する、グループ内の銀行間でのブロックチェーン技術の展開を目指しています。

Banescoは5月中旬に概念実証を開始し、パナマからグループ内のペルーの銀行へ、1回の送金を処理しました。テストでは、パナマの銀行規制当局も、クロスボーダー決済におけるブロックチェーン技術の良好な結果を見ていました。ゴンザレス氏は、テスト送金のトレーサビリティとスピードに感銘を受けたという。

規制当局は、ブロックチェーン送金を最終的なシステムに準拠させるために、必要な一連の手順を示すために対処しました。ゴンザレス氏は「今私達は、最低限実行可能なプロダクトに取り組んでいる。」と述べています。

チリの銀行Scotiabank Chileのケース

一方、チリの銀行Scotiabank Chileは最近、国境を越えた支払いについてRipple社のブロックチェーンをテストしました。ダニエル・ケネディ氏は、「送金時に仲介銀行を回避するために、Rippleのブロックチェーン技術を使用したいと思いました。コルレス銀行システムは資金移動に複雑さとコストを追加し、プロセスをより遅くします。」と指摘した;

「私たちは、Ripple技術が非常に良く機能すると確認できた。銀行の技術は、ブロックチェーンをプラグインして、効率を達成する準備ができていなかった。そのため、メッセージング専用のRippleメッセージング層と、送金用の銀行のトランスファー層の2つのメッセージング層を持つ事にしました。この場合、当社のトランスファー層は、ブロックチェーンに置き換えることはできませんでした。」

ケネディ氏によると、ブロックチェーンの可能性を適切に利用するために、Scotiabankはその支払いインフラストラクチャをアップグレードする必要があるという;

「これが実現するとすぐに、送金プロセスははるかに実用的かつ効率的になります。そして、ほび単一のアカウントでこれを実行できるようになる。仮にリマの中小企業がチリに顧客を持つ場合、彼らは同じ番号を持つ口座に入金でき、そして即座に送金されます。しかし、私たちはまだその段階にありません。」

Ripple社のラテンアメリカ展開

今月中旬、国際送金スタートアップRipple(リップル)は南米市場の顧客基盤をサポートするため、ブラジルに新しいオフィスを開設する事を発表しました。Rippleは、200を超える金融機関間の国境を越えた送金を支援するペイメントネットワーク「RippeNet」を拡大しており、ブラジルからは、BeeTech Global、サンタンデール・ブラジルおよびバンコ・レンディメントが参画しています。

Ripple社のソフトウェアソリューションの1つであるxCurrentは、銀行間のエンドツーエンドの追跡とコミュニケーションを使用して、シームレスかつ即時にクロスボーダーペイメントを実行できます。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る