COIN TOKYO

¥1,098,454
BTC +0.33%
¥23,469
ETH -0.21%
¥34.10
XRP +0.25%
¥33,053
BCH +0.46%
  • 2019/06/27
  • 2019/06/27
  • コイン東京編集部

インドの仮想通貨取引所Koinexが閉鎖を発表、政府規制と事業負担増を理由に

このエントリーをはてなブックマークに追加
インドの仮想通貨取引所Koinexが、6月27日IST午後2時以降、取引サービスを永久に停止する事を発表しました。

2017年8月に設立されたKoinexはインドでも最大規模の仮想通貨取引所でした。2017年12月のピーク時に24時間で2億6500万ドルの取引高と4万人以上の新規ユーザー登録を記録しました。

公式ブログでKoinexは、「不確実性と混乱の数ヶ月を経て、残念ながら今日すべてのデジタル資産交換サービスと業務を停止することに決めました。」と記した。インド政府による厳格な規制と、2018年の仮想通化市場の弱気な雰囲気のために、Koinexは苦戦を強いられていました。

政府規制と事業負担増を理由に

原因の発端は2018年4月6日にインド準備銀行(RBI)が発効した通達です。RBIは、規制下のすべての金融サービス事業体に、仮想通貨を扱う企業や個人とのビジネスを終了させ、そのような仮想関連取引所をすべてブロックするよう指示しました。仮想通貨業界団体は、インド最高裁判所に異議を申し立ててきたが、2018年4月以来状況は好転していない。

Koinexは、顧客資産の経路となる銀行口座が閉鎖されたインドでは、デジタル資産取引事業の運営が困難な状況だと吐露している;

「私たちはデジタル資産の取引を継続するた、遵法的なインド人が世界中に広まった分散型革命に参加できるように多大な財政的負担を負った。インド最高裁判所への係争中の請願にもかかわらず、政府機関は仮想通貨の規制枠組みの明確化を数回にわたり遅延させた。」

「業界を積極的な規制に向けて慎重に進めることを重視し、詳細を一般に公開することは避けてきたが、残念ながら、近い将来の状況改善はあまり期待できません。」

Koinexの創設者でCEOのRahul Raj氏によると、過去14ヵ月に渡って銀行口座だけでなく、あらゆるペイメントゲートウェイからも拒否されてきた。さらに給与の支払い、事業運営に関する賃貸や購入などの非クリプトの取引における外部サービスプロバイダー(Koinexの取引先)さえも、それぞれの銀行からの質問に回答する必要が生じたという。Koinexの社員は、毎月給料の信用確認のために、銀行から電話を受けて説明を強いられてきた。

極めつけは今月7日にブルームバーグインド版が報じた「仮想通貨の規制と禁止に関するオフィシャル・デジタル通貨法案2019」だった。インド政府は仮想通貨のトレーディングを禁止する法案を提案しており、違反に対して厳しい刑事罰が科せられる可能性があるという。

このニュースは取引量の急激な減少をもたらし、同社にとって直接的な被害を与えました。「これらすべての中で、基本的な経済的実現可能性の観点から、このビジネスを続けることは賢明ではありません。」とRaj氏は述べた。

現時点でのウォレット残高のスナップショットが記録され、以降にINR(インドルピー)の残高が支払われます。顧客資金の銀行口座は凍結されているため、Raj氏は個人リソースから資金を手配すると述べている。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る