COIN TOKYO

¥1,069,726
BTC +0.09%
¥22,549
ETH -0.06%
¥29.51
XRP -0.12%
¥32,903
BCH +0.22%
  • 2019/07/01
  • 2019/07/01
  • コイン東京編集部

トロン(TRX)は現在重要局面を迎える!トロンの今後を価格チャートから分析【2019/7/1】

このエントリーをはてなブックマークに追加
トロンの今後を価格チャートから分析【2019/7/1】
先日、TRON財団が総額2000万ドル(約22億円)のTRXトークンの買い戻しプログラムを発表し、今後潜在的にトロン(TRX)の価値を高めるとの期待が寄せられています。

そんなトロン(TRX)ですが、現在対BTC価格チャートでは重要局面に位置していて、今後の値動きに注視しておきたい展開となっています。

今回はトロン(TRX)の今後の動きを価格チャートをもとに確認、分析していきます。

トロン(TRX)の対BTC価格チャートは現在重要局面。サポートで反発させられるか

トロン(TRX)の対BTC日足チャートはダイバージェンスが発生

対BTCのトロン【TRX/BTC】日足チャートを確認していきます。

トロン(TRX)は5月にトレンドラインを下に抜け、その後価格を大きく戻しましたが、リターンムーブで戻りを叩かれ、価格は再び大幅に下落しています。

対BTCでの現在の価格帯は、2018年の底値価格付近の水準であり、非常に重要な局面であると考えられます(水色ボックスライン、0.0000029BTC付近)。

現在日足水準でのダイバージェンスが発生しており、今後サポートで反発する展開に期待したいところです。

このサポートを下に抜けてしまった場合は、2017年12月の価格水準にまで下落する可能性も考えられるでしょう。(0.000002BTC付近)

トロン(TRX)はBTC大暴落につられトレンドラインを下抜け。短〜中期的には下を目指す展開になるか

トロン(TRX)の対USD4時間足チャートはサポートラインを下抜け

続いて対USDのトロン【TRX/USD】4時間足チャートを確認していきます。

対USDのトロン(TRX)は、アセンディング・トライアングルを形成しながら順調に価格を上昇させていましたが、6月初旬につけた高値付近(オレンジボックスライン、0.042USD付近)まで上昇したところで価格は反落。

今回の下落はビットコインの大暴落の影響であると考えられ、トロン(TRX)も一日で約30%ほど価格を下落させました。

今回の下落でサポートラインを下に抜けてしまったので、今後は短期的に下を目指す展開になる可能性が高いと考えられます。

再びアセンディング・トライアングル内に価格を戻すことができれば、高値更新を目指す動きに期待が持てるでしょう。

トロン(TRX)の価格チャートは現在ダブルトップ形成中。ネックライン付近での動きに注意

トロン(TRX)の対USD4時間足チャート

引き続き対USDのトロン【TRX/USD】4時間足チャートを確認していきます。

今後価格を下落させていった場合、ダブルトップが成立する可能性があります。

ネックラインとして意識される価格帯は、0.029USD付近(黒点線)であり、ネックラインを割ってしまうとその後大きく価格は下落する可能性が高いので注意しておきましょう。


本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る